关闭

帖子主题:最新:11月16日我海监继续巡航钓鱼岛(翻译机)

共 327 个阅读者 

  • 头像
  • 军衔:海军中校
  • 军号:2597921
  • 工分:57142
  • 本区职务:会员
左箭头-小图标

最新:11月16日我海监继续巡航钓鱼岛(翻译机)

11月16日上午,四艘中国海监船只进入钓鱼岛附近水域巡航执法,这是中国海监连续第28天对钓鱼岛附近水域进行巡航执法,倭国海保对我海监进行骚扰并监视。

据倭国海保11管区报告,中国国家海洋局所属的四艘中国海监船只于16日下午2点进入钓鱼岛和南小岛间的水域巡航执法,这是倭国9月非法“国有化”以来,中国海监对钓鱼岛及其附属海域开展常态化巡逻执法的第28天。这四艘中国海监船只是于7日进入钓鱼岛附近水域后持续存在至今;除了11日晚上到12日早晨曾一度离开钓鱼岛附近水域以外其余时间都停泊于此。

今天下午1点后位于黄尾屿西北面99km海域倭国自称所谓排他水域的海面,中国一艘巴拿马籍海洋调查船从船后部向海中投入缆绳装物体,倭国海保对我调查船进行骚扰。

原文:

沖縄県の尖閣諸島の沖合では、中国の海洋監視船4隻が16日も日本の領海のすぐ外側にある接続水域で航行を続けていて、海上保安本部は領海に近づかないよう警告するとともに監視を続けています。

第11管区海上保安本部によりますと、16日午後3時の時点で、中国の海洋監視船4隻が、尖閣諸島の魚釣島と南小島の沖の日本の接続水域を航行しているということです。尖閣諸島の周辺海域では、先月20日から28日連続で、中国の海洋監視船などが接続水域に入ったり出たりを繰り返しています。海上保安本部は4隻に対し、領海に近づかないよう警告するとともに監視を続けています。また、16日午前2時すぎには、久場島の北西およそ99キロの日本の排他的経済水域で、中国の会社が所有するバハマ船籍の海洋調査船が船の後部からワイヤーを一時、海中に入れたのが確認され、海上保安本部は調査をやめるよう警告しました。

      打赏
      收藏文本
      1
      0
      2012/11/16 20:32:18

      我要发帖

      总页数11页 [共有1条记录] 分页:

      1
       对最新:11月16日我海监继续巡航钓鱼岛(翻译机) 回复