扫码订阅

中国サンゴ漁船212隻確認 小笠原諸島から船団北上か 海保

日本海上保安厅消息指,在被列为世界自然遗产的小笠原群岛的附近海域,发现了212艘非法捕捞红珊瑚的中国渔船。

東京・小笠原諸島周辺で問題化している中国漁船によるサンゴ密漁で、第3管区海上保安本部は30日、航空機での監視活動を行い、同諸島周辺や、約400キロ北に位置する伊豆諸島の須美寿島(すみすとう)や鳥島(いずれも東京都)周辺の領海および排他的経済水域(EEZ)内で、中国のサンゴ漁船とみられる計212隻の外国漁船を確認したと発表した。同本部は取り締まりを強化する。

同本部によると、このうち小笠原諸島周辺では計48隻を確認し、うち9隻は領海内、39隻はEEZ内にいた。また、同諸島から北上した須美寿島や鳥島周辺では計164隻を確認し、うち150隻は領海内、14隻はEEZ内にいた。

23日に行った監視活動では、同諸島周辺の領海およびEEZ内で113隻を確認したが、須美寿島および鳥島周辺では確認されなかったといい、同本部は「この1週間で、漁船の群れが北上してきている可能性がある」と指摘。今後、両島周辺での取り締まりも強めるとしている。

在珊瑚通过挖角中国渔船,围绕东京和小笠原群岛,第三管区海上保安本部30天,在飞机监视活动,和周围的岛屿,伊豆群岛,其中位于北部大约400公里的问题在史密斯岛(史密斯头),并在鸟岛(包括东京)周围的领海和专属经济区(EEZ),并宣布,它已总共212艘外国渔船所看到与中国的珊瑚渔船证实。总部要加强打击力度。 根据同样的总部,这个人是周围的小笠原群岛共有48艘,9艘,其中是领海内确认,在专属经济区内39艘。此外,确保了164船在史密斯岛和鸟岛总在你身边,从北部的岛屿,其中的领海之内150艘,14艘是在专属经济区。 在所进行的23日的监测活动,证实了113船在领海和专属经济区周围的岛屿,这是件好事,它并没有得到证实围绕史密斯岛和鸟岛,本周总部“,渔船群指出,但是存在一直向北可能性“。未来,我对周围的两个岛屿也加强打击力度。

関連ニュース

铁血网提醒您:点击查看大图

伊豆諸島の須美寿島(東京都)周辺海域で確認された中国のサンゴ漁船とみられる多数の外国漁船=30日(第3管区海上保安本部提供)

伊豆群岛史密斯岛(东京)的大量外国渔船=30天,看来,中国的已经在该水域被证实在珊瑚渔船(第三管区海上保安总部提供)

发表评论
发表评论

网友评论仅供其表达个人看法,并不表明铁血立场。

全部评论
加载更多评论
更多精彩内容
热门推荐