[原创]古代历史 每次北方人南迁都伴随着大量福建人逃往琉球

古代历史 每次北方人南迁都伴随着大量福建人逃往琉球

[原创]环保志愿

据《福州府志》之《岛夷·琉球》论曰:琉球一岛,僻在海外,如黑子弹丸耳。在大海中正南偏东。古未详何国。汉魏以来,不通中华。隋大业中,令羽尉朱宽访求异俗,始至其国,言语不辨,掠一人而还。唐宋未尝朝贡。元遣使招谕之,不从,掠百十人归。

古代的琉球人大多来自福建的福州和泉州,得益于福建与琉球之间有钓鱼岛为海上天然的地理坐标为纽带。福州人出了闽江口之后,航行一段时间,必须确认钓鱼岛群岛所在的位置,然后辨别东南的大致方向,再经琉球海槽向东北,就能安全抵到琉球岛的那霸。这是古代通往琉球岛最安全的传统航线。

历史上,中国历史上几次著名的中原混战,都有大量的北方人南迁福建,北方人一到福建,福建都要重新洗牌,北方人与福建人存在大面积的通婚史。于是,每一次北方人的南迁,吓得福建人为了保命而纷纷南逃,往往伴随着福建人大量迁往台湾、菲律宾和琉球,有的甚至到了日本。今天,琉球方言与福州方言十分接近,连日语大多有福州方言的影子,从中可见部分古代的琉球历史的痕迹。

古代的琉球人和福建人一样,都没有姓氏只有名字。中原许多出事的朝廷官员为躲避追杀,不顾蛇虫之害,举家迁徙入闽,再花钱找到福州船工,雇船出海到琉球或台湾。

奴隶社会的古代琉球人,往往以地主武装势力为当地部落的代表,根据时代特征,其身份为奴隶主。据《福州府志》之《岛夷·琉球》所记载的,“其风俗去髭,黥手,羽冠,毛衣,无礼节(父子同床面寝,妇人产乳,必食子衣,食用手)。好剽掠,杀人祭神,聚骸为佳(王所居壁下,多骷髅以为佳。所居地曰波罗坛。洞、堑、珊三重,环以流水,树棘为藩。殿宇多刻鸟兽。无赋敛(有事均税)。不知节朔(无文字,不节朔,视月盈亏以知时,视草荣枯以知岁)。”

在朱元璋派遣杨载去琉球之前,古代琉球人据山而居为自保。在琉球岛,数最大的奴隶主主要在北山地区、中山地区和南山地区等。

那时,琉球人口不多,按照福建人的习惯,有姓不用,也用不上,叫个名字就能代表一个人。至今为止,福建人仍然有这种习惯,平时使用小名,只有外出时才用得上大名。因此,无论奴隶主还是奴隶,都没有姓,也不用姓,奴隶主为了巩固自己的权威,后辈往往沿袭祖辈的名字。

比如,明太祖朱元璋钦赐的第一位中山王察度,第一位进京朝拜是察度的弟弟叫期泰,以及摄政官亚兰匏都是沿用祖辈之名。

“环保志愿”指出,根据琉球人编写的《冲绳的历史》,朱元璋的特使杨载去琉球之前,琉球没有史记,即没有把先人的历史传承下来。因此在后人编写琉球历史的时候遇到了很大的麻烦,于是,在编写《中山世鉴》的时候,不得不用琉球老人的口口相传,以及把琉球戏曲中的故事,把琉球古代历史补充完整。

1392年,明太祖朱元璋向琉球移民了2000余人,这些人作为屯兵边疆,基本上是从福州的三保(环保志愿注:三保是依据郑和的名字命名的)地区选拔而来的。从此,随着明朝中央正式开发琉球岛,说中国话、写中国字、穿中国服,行中国礼,户籍登记都要使用汉人的姓氏,琉球人才开始拥有真正意义上的姓氏。 ………………………………

51、2014/01/05(日) 10:27:34.37 IDMJHvNMD:真面目な話、沖縄米軍は戦略的に前線(中国)に近すぎていると考えられている。また一極に集中しすぎ。だから一部の兵力を後方であるグアムに移転して、前線から距離を置こうとしている。中国の攻撃力の精度が向上すれば、将来むしろ沖縄に兵力を置いておくこと自体が戦略的にリスクであると判断され、在沖米軍の全てが撤退する可能性がある。そうなれば、米軍を飯のタネにして独立して食っていこうとかは夢物語。即座に沖縄は、人民を開放するとの名目のもと、中国に占領され中国の一部になる。あとはチベットと同様の運命が待っている。

译:

挺有意思的话题。围堵中国最前线是驻琉球美军,战略上因太靠近中国,为防被一锅端,所以(美军)要撤离部分到关岛,仍然保持梯形的队形(距离)。在中国打击精度提高之后,美军不得不考虑自己的风险,极有可能全部撤出驻琉球的所有美军。如此,美军就像独自吃了做种子的米,到头来一场空而已。随即,琉球以人民要求开放的名义,让自己被中国军队占领,然后成为中国的一部分,将来的命运与中国西藏相同。

52 、2014/01/05(日) 13:03:54.54 ID:SsoI+MXG:沖縄県知事、前知事二人共、中国帰化人だよ。心の中は中国共産党。騙されるな、沖縄県民。

译:

前琉球地方当局领导人和现任琉球地方当局领导人的祖籍都是中国人,他们心中向着中国共产党,不要再骗人了,琉球佬。

53、2014/01/05(日) 17:18:50.88 ID:WQz8MK6p:沖縄焦土戦略に賛成!! 一番簡単じゃん? 沖縄の反日県民に尊い犠牲になってもらって、戦後の諸問題を一挙に解決しましょう!! 殺戮の責任は全て人民解放軍と沖縄人自身に帰することができる。後は嘘泣きでもしてぺろっと舌出しときゃいい

译:

赞成对琉球进行三光政策!这是最简单的做法。当年(1945年)要是把琉球人杀光就不存在今日的问题。我们日本人完全有能力全部杀光琉球人,然后再把责任推给中国人民解放军和琉球当地人。以后即使听到(琉球人)悲切切的哭声,都与日本人无关。

54、2014/01/06(月) 08:39:12.58 ID:vOAKY0Wo:いつ帰化したんだい?いつ?

译:

(琉球地方当局领导人)是什么时候变为日本人的?

55、2014/01/07(火) 17:19:14.96 ID:FvEIfUoo:いつ帰化したのかなんて聞いても答えないだろ、久米十六姓のことを言ってるんだろうけど、なら本土の羽田姓は秦氏がルーツで中国からの帰化人ということになるからね、本土の事例は棚に上げて沖縄を侮辱したいだけなのさ。

译:

什么时候变成日本人,虽然我说不清楚,但是,这要从久米三十六姓(琉球久米村福建三十六姓)开始说起。然而,日本本土“羽田”姓的日本人,祖先是来自中国的“秦”姓,可日本人从未提及自己祖先来自中国,却公然侮辱琉球人。

56、2014/01/07(火) 18:03:53.03 ID:HzubrAYF:中国にシンパシーを感じていたり利益供与しているから問題だ。公人ならその点の発言や行動は慎重に行うべきだが安易すぎる。また侮辱と捉えようとするのは論点や問題点のすり替え、まるでチョンだ。

译:

一边心系中国,一边追求利益最大化。要是公职人员在谈及此事时都谨言慎行,要是被捕捉到侮辱的言论成为问题的焦点的话就惨了。

57、2014/01/07(火) 23:40:10.73 ID:xIq2qJDe:それ賢いよね。「毒をもって毒を制する」わけだ。沖縄に無駄金垂れ流すのは戦後の韓国外交と同じやり方。結局反日やると金がもらえるってことだろう?それより連中の望むとおり、人民解放軍に殺してもらえばいいんだな。

译:

这很聪明。存在“以毒攻毒”的含义在内。对琉球只投入不产出,与战后向韩国提供无偿外交援助是一样的,其结果是,韩国人拿日本钱却进行抗日活动。正如(我们日本人)期望的对华友善,却最终要被中国人民解放军所杀。

58、2014/01/08(水) 22:36:53.63 ID:JiJufEbG:ほとんどの沖縄県民は本来反日だ。基地があるのに苛立ってるんじゃなくて、復帰したのにまだ「アメリカ専用」の基地があるのが気に食わない。沖縄の航空自衛隊は那覇空港で民間機の発着の合間をぬって訓練、スクランブルしないといけない。それに対し在沖米空軍は嘉手納基地を自由に使えるが、スクランブルは無い、変だと思わんのか?内地人は?沖縄県民は日本政府のアメポチ姿勢に不満が溜まってるんだ、琉球として独立したいなんざ思ってない、日本がフランスのようにアメリカの友好国でありながら独自の外交・防衛が出来るように変わって欲しい、そう願ってる

译:

绝大多数琉球人都有仇日的基础。不光光对美日基地有异议,当年美国把琉球从日本魔爪中解放出来之后,琉球人本应兴高采烈地欢迎美军,却被霸占了几十年不还,还要忍气吞声的,能不仇视吗?驻扎在琉球的日本航空自卫队也在那霸机场与民用飞机一同不断扰民,已经令琉球人感到愤怒了;美空军随意使用嘉手纳基地,琉球人对此岂不更加愤怒?琉球人对日本外来政府暧昧的态度一点都不愿意忍耐了,纷纷要求独立。琉球希望日本学习法国,让琉球与美国成为友好国,琉球人自己把握自己的外交的国防,就希望如此吧。

59、2014/01/09(木) 05:30:21.97 ID:dlWYAhbx:将来的には沖縄米軍が撤収する可能性はある。ただ現在の帝国主義的な中国の態度を見ていると、米軍の不在は、沖縄にとってリスクになる。内地人として沖縄の苦悩は理解するが、少子高齢化で中国の国力が衰退す、まるで、在沖米軍は必要悪ではないか。日本だけでは沖縄を守りきれない。

译:

美国军队有可能全部撤离琉球。观察现在的中国帝国主义态度,将来一定会趁着美军不在的时候收复琉球主权。琉球人能理解日本人对琉球前途的“担忧”,因为独生子高龄化的中国的国力正在衰退,所以喜欢美军不在琉球以避免相互对抗,日本独自则无法保卫琉球。

60、2014/01/09(木) 18:14:37.65 ID:2Zl4osNj:沖縄対策本部はその情報はデマと結論をだした、仲井真知事は帰化人であり、支那の工作員であるとのデマがネットで流れていますが、それは大きな誤りです。(2013年12月29日記事)

译:

琉球政策总部的情报数据说:仲井真弘多是中国人,是中国的特工,这与实际情况有异。

本文内容为我个人原创作品,申请原创加分

[ 转自铁血社区 http://bbs.tiexue.net/ ]

猜你感兴趣

更多 >>

评论

评 论

更多精彩内容

热门图集