扫码订阅

兔子本次火力猛!

简单翻译:

正在非洲访问的中国外长王毅接受中东半岛电视台采访时,批判安倍参拜靖国神社“不仅中国人无法接受,国际社会也同样无法接受”。

正在访问埃及的副外长张明8日在当年“开罗宣言”公布的宾馆召开记者招待会,批判参拜是对开罗宣言以及波茨坦公告确立的战后国际秩序的公然挑战。

安倍9日开始访问中东和非洲,中方的上述言论,目的应是抢在安倍到访之前引导当地舆论。

中国驻联合国代表刘结一8日也向记者表示,国际社会应警告安倍改正其错误历史观。对此日本驻联合国大使发表了书面材料,称安倍参拜靖国神社绝不是“称赞军国主义”,并附上了安倍26日参拜当天所说“不战誓言”

的英文翻译。

此外,中国驻各国大使也在当地召开记者招待会或向媒体投稿批判日本,展开了世界规模的宣传站。

链接:http://headlines.*******.co.jp/hl?a=20140109-00001081-yom-int

中国、世界規模で日本批判…大使らが会見・寄稿

読売新聞 1月9日(木)21時0分配信

[北京=五十嵐文、ニューヨーク=加藤賢治]アフリカ歴訪中の中国の王毅(ワンイー)外相は中東の衛星テレビ局アル・ジャジーラの取材に応じ、安倍首相の靖国神社参拝について、「中国人民ばかりか、国際社会も受け入れられない」と批判した。

中国外務省が9日、発言内容を発表した。各国に駐在する中国の大使も記者会見や現地メディアへの寄稿で日本を批判、世界規模の宣伝戦を繰り広げている。

エジプト訪問中の張明外務次官も8日、1943年に米英中の3首脳が台湾などの返還を日本に求めた「カイロ宣言」を発表したホテルで記者会見し、参拝は同宣言と45年に日本が受諾した「ポツダム宣言」が定めた戦後の国際秩序に「公然と挑戦するものだ」と主張した。

王氏らの日本批判は、安倍首相が9日から中東・アフリカ歴訪を開始したのに先立ち、同地域で中国に有利な世論を誘導する狙いがある。

また、ニューヨークの国連本部では中国の劉結一・国連大使が8日、記者団に「安倍首相が誤った歴史観を正すよう国際社会は警告すべきだ」と述べ、各国に協調を呼びかけた。

これに対し、日本の吉川元偉国連大使は同日、安倍首相の靖国神社参拝は「軍国主義を称賛するものでは決してない」と説明する文書を現地で発表。先月26日の首相談話「恒久平和への誓い」の英訳も添えて反論した。

发表评论
发表评论

网友评论仅供其表达个人看法,并不表明铁血立场。

全部评论
加载更多评论
更多精彩内容
热门推荐