日本渔船愤怒的表示:中国人玩儿的太过分了

中国が領有権を主張したいのであれば国際司法裁判所に訴えるべきで(実力行使で領有権を奪おうとするのは)おかしい」と中国の行動を疑問視した。

18日侵入钓鱼岛领海的中国官方船只。曾不依不饶的追赶在该海域作业的日本民船---第十一善幸丸长达一个半小时。。。该消息于19日被披露出来

好在日本海上保安厅的船只,在中国官方船只骚扰日本渔船时进行了干预,所以没有造成损失

此次事件中,中国官方船只曾一度行驶到距日本渔船50~60米远的地方

被骚扰的渔船船长名嘉全正(54岁)表示---如果不是日本海保的船只及时相救,这回弄不好就要被中国船给抓走了。

这次事件再一次深刻表明---来自中国的攻势持续中,日本船只已经不可能在钓鱼岛周边安心作业了,问题严重了

除了名嘉船长和其手下船员外,第十一善幸丸上还搭载了一名捷克电视台的记者トーマス?エツラー(49岁)。。。该员是作为访问者而来到冲绳石垣市的。

根据船上人员的描述--18日早晨7点半左右,钓鱼岛接续海域出现了中国海监“46、50、66”三船的身影,日本海保的船只也在周围转来转去,整个现场都被

紧张的气氛所覆盖了,三条中国船于8时55分左右开始进入12海里范围。

随后海保船向周围的日本民船通告---中国船来了,赶快向北小岛以北躲避/请各船务必尽快驶离12海里领海范围,以确保自身安全

两条中国船于九点半左右开始追赶第十一善幸丸,随船的捷克记者表示“当时感觉自己成为了中国船的猎物”。。。其中一只中国船在追逐一小时后

就放弃了,而另一只中国船则又追了30分钟才罢手

两条海上保安厅的船只则伴航在第十一善幸丸身边,以保证其不受中国船只的侵害。。。这种保护性伴航一直持续到到当日傍晚7点,第十一善幸丸回到冲绳石垣港为止才结束

名嘉船长表示:“如果没有海保船的保护,恐怕就会被中国船截断航路,被迫停船了。。。不到这一步中国人是不会罢休的”回头看看真是后怕。中国官方船只这样干,明摆着

是要将钓鱼岛周边海域当成中方领海,以此为据抓捕日本当地渔船。。。就是这种感觉啊

而同船的船长弟弟秀三君(49岁)则表示,“既然是日本领海,我们仍旧还必须要躲躲藏藏才可以,感觉真不是滋味的说”并愤怒的表示“中国人玩儿的也太过分了,这种行为简直是不可

原谅”

同船的捷克记者也对中国的行为提出了质疑“追了我们一个半小时,又得到了什么。。。如果中国人为自己对钓鱼岛有主权,就应该到国际法庭去申辩才是,而现在靠拳头来强行夺取的做法是不是太蛮霸了些”

尖閣諸島の領海に18日に侵入した中国公船が、

周辺にいた民間の漁船、第十一善幸丸を1時間半にわたって執拗に追跡していたことが19日分かった。

海上保安庁の巡視船が中国公船から漁船をガードしたため、被害はなかったものの、

中国公船は一時、漁船から50~60?まで接近した。

名嘉全正船長(54)は「巡視船がいなかったら、拿捕(だほ)されていたかも知れない」と証言した。

中国の攻勢が続く中、尖閣周辺で安心して操業できなくなっている現状が、改めて浮き彫りになった。

第十一善幸丸には、名嘉船長らの乗組員のほか、

取材のため石垣入りしているチェコTVの記者、トーマス?エツラーさん(49)らが乗船。早朝に尖閣海域に到着した。

乗船者によると、午前7時半ごろ、接続海域に中国の海洋監視船「海監46」「海監50」「海監66」の3隻が姿を現し、

海保の船も入り乱れ、緊張した雰囲気に包まれたという。3隻は8時55分ごろから領海侵入。

海保からは「中国船が来たので、北小島の北に移動してほしい」「速度を上げて領海外に出てほしい」などと連絡が入った。

中国公船2隻は9時半ごろから第十一善幸丸の追跡を開始。エツラーさんは「ターゲットにされた」と感じた。

1隻は1時間後に追跡をやめたが、残る1隻はさらに30分間追跡を続けた。

海保の巡視船2隻は、中国公船から第十一善幸丸をガードして航行。

午後7時ごろ、第十一善幸丸が無事、石垣港に到着するまで守り続けたという。

名嘉船長は「巡視船がいなかったら、中国公船に進路をふさがれ、止められていただろう。そこまでやるのかという感じだ」と振り返った。

中国公船の狙いは領有権主張を目的とした地元漁船の拿捕だったのかという問いには「そう感じた」と話した。

同乗した名嘉船長の弟、秀三さん(49)は「(日本の領海なのに)自分たちが逃げ隠れしなくてはならないことに矛盾を感じる」と指摘。

中国公船に追跡されたことに対しては「中国のパフォーマンスだとしても、度が過ぎる。許せない」と憤った。

エツラーさんは「1時間半も私たちを追いかけて、何を得るものがあるのか。

猜你感兴趣

更多 >>

评论

评 论

更多精彩内容

热门图集