扫码订阅

铁血网提醒您:点击查看大图

如果发动机关键耐热部件镊含量达标、飞燕的维护性根本不会出现那种令地勤厌恶的地步。

整备完全的飞燕打败美国任何一种战斗机完全没有任何问题、也没有一种美国战斗机能够和飞燕做真正意义上的抗衡。

而且飞燕机体强度相当强悍、根本不是P51那种货色可以比的。打爆P51不费吹灰之力

胴体は4本の縦贯通材を骨组みの主材とした。ただしこれらは尾翼直前の第12円框で分离されており、一体构造ではない[38]。この构造は生产性向上に役立ったとされる[39]。本机は量产性にも配虑がなされ、主翼取り付け法も生产性を高めた他、飞行机の外形を作ってから工员が中に入り内装を行う従来の手顺を改め、各モジュールを内部まである程度作り上げてから最终的に组み立てるシステムが取られた[40]。机体构造はセミ・モノコック构造となっており[36]、また発动机架は前方で胴体と一体构造となっている。これは一体构造の主翼と相まり、降下限界速度が850km/hまで许容されるなど、机体强度は非常に顽丈なものであった[41][36]。土井によれば速度计は700km/hまでのものが采用された。ただし780km/hまで计测できたとの证言や、のちに1,000km/hまでの速度计に変えられたとの证言もある[42]。この构造は重量軽减にも非常に有効だったとする文献もある[39]。设计主务の土井によれば、三式戦闘机が空中分解を起こした事例は一度もなかった[30]。また真伪不明であるが、土井は同じ文献で、三式戦闘机が音速を突破したケースがあると耳にしたと著している。机体が顽强なことから、不时着も比较的行いやすかったと证言したパイロットもいる[43]。

本文内容于 2013/1/4 9:07:32 被小编a45编辑

发表评论
发表评论

网友评论仅供其表达个人看法,并不表明铁血立场。

全部评论
加载更多评论
更多精彩内容
热门推荐