最新:12月02日我海监继续巡航钓鱼岛(翻译机)

12月02日 缺席两天后四艘中国海监中的一艘再次巡航钓鱼岛附近海域。

据倭国海保今天报告,缺席俩天后的中国海监船只12月2日再次出现,四艘中国海监中的一艘进入钓鱼岛附近水域开展巡航执法。四艘海监都在钓鱼岛附近水域,其中一艘中国海监在钓鱼岛附近水域巡航执法。另外据倭国海保第11管区消息,这艘中国海监是海监66在今天下午1点50分左右进入钓鱼岛西面的附近海域巡航执法。倭国海保船只对我进行了持续骚扰和跟踪,这是自上月27日开始连续4天有多艘中国海监巡航钓鱼岛后,30号下午相继离开钓鱼岛附近水域后的再度出现。

(明显感觉中国海监现在是隔三差五去一趟钓鱼岛12海里内,频率和前一段时间相比明显降低了。倭国海保嘴上说快跟不上中国海监节奏了,其实他们勉强还能跟上;后面倭国对钓鱼岛的管控应该还能继续保持优势。因为我想中国海监自行放假的天数应该不会少,我们的热情也在慢慢退烧。)

原文:

中国船2日ぶり尖閣接近、4隻接続水域に

沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で2日、中国の海洋監視船1隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。中国当局の船の尖閣接近は11月30日以来2日ぶり。第11管区海上保安本部(那覇)によると、航行しているのは「海監66」で、2日午後1時50分ごろに魚釣島の西で接続水域に入った。海保の巡視船が領海に侵入しないよう警告している。尖閣周辺では11月27日から4日連続で複数の中国船が航行したが、30日午後に相次いで接続水域から出ていた。

本文内容于 2012/12/2 17:30:12 被秦汉之封编辑

猜你感兴趣

更多 >>

评论

评 论

更多精彩内容

热门图集