扫码订阅

30号四艘中国海监船只再次巡航钓鱼岛附近海域。

据倭国海保30号报道,四艘中国海监在钓鱼岛附近水域巡航执法,这四艘中国海监曾于29号夜晚离开钓鱼岛附近水域;到30号上午再次进入。这是自27日以来的连续第4天。另外据倭国海保总部消息,这四艘中国海监分别是海监46/海监49/海监66/海监137.30号上午8点45分左右到9点,这四艘中国海监相继进入钓鱼岛附近海域。中国海监137号通过无线电使用中文告知“我船正在进行日常的巡逻执法,你方已进入中国管辖海域,请速离开。”倭国海保船只对我进行了持续骚扰和跟踪。

原文:

中国船4隻、30日午前に再び接続水域航行

海上保安庁は30日、沖縄県・尖閣諸島の領海外側にある接続水域を中国の海洋監視船4隻が航行しているのを確認した。中国船は29日夜にいったん接続水域を出たが、30日午前に再び入った。尖閣周辺を中国当局の船が航行するのは27日以降、4日連続。

第11管区海上保安本部(那覇)によると、4隻は「海監46」「海監49」「海監66」「海監137」。30日午前9時45分ごろから同10時過ぎにかけ、相次いで接続水域に入った。

海保の巡視船が領海に入らないよう警告すると、海監137は無線で「本船は定例のパトロールを実施中だ」と中国語で答えた。4隻は尖閣諸島を周回するように航行しており、巡視船が警戒を続けている。

发表评论
发表评论

网友评论仅供其表达个人看法,并不表明铁血立场。

全部评论
加载更多评论
更多精彩内容
热门推荐