美国陆军彻底否定马来猴关于日本坦克装甲品质的结论

美国陆军彻底否定马来猴关于日本坦克装甲品质的结论

美国陆军靶场对北非缴获的各种德军坦克37mm反坦克炮轰击测试数据

30mm厚度的3号4号坦克可被美军37mm反坦克炮击穿正面的距离是1600码

44mm厚度的4号坦克可被美军37mm反坦克炮击穿的距离是1100码

62mm厚度的3号和4号坦克可被美军37mm反坦克炮击穿正面的距离是200码

50mm厚度3号坦克可被美军37mm反坦克炮击穿正面的距离是500码

以上结果显示,德国坦克装甲品质与美国坦克装甲相当,相同厚度防护力相当

美国陆军彻底否定马来猴关于日本坦克装甲品质的结论

1945美国菲律宾缴获的97式实弹攻击测试,在正对的角度,美国37mm反坦克炮对97正面的击穿距离是350码,在45度范围内都可击穿的距离是100码,这显示97式正面防护大致是美军标准的55mm,也就是日军97的25mm厚度等于美国或德国的55mm厚度


猜你感兴趣

更多 >>

评论

评 论

热门评论

我再百度贴吧看过lz几乎一样的言论,你在百度发可以,那里的人知识不多,你在铁血发这不找死吗

我看到上面的日军坦克装甲测试数据,写的美军37MM炮用的是ONLY AP,但又没标明德军坦克测试时使用的弹种,这就很要命了。


至于AP-HE,那是破甲弹,破甲和穿甲机理完全不同,不能用破甲弹的理论穿深和穿甲弹比的。按破甲穿深铁拳的破甲穿深有200MM,2战没一款坦克扛得住。


上个日文WIKI的记录,美国的测试是12.7MM重机枪都能在100码距离击穿97中战,在50码距离12.7MM重机枪可以正面击穿97的除炮塔正面外的装甲。而35码距离内能击穿所有部分装甲。而我还没听说除了日本的坦克外,还有哪个国家的坦克连重机枪都扛不住的。


本車の前面装甲は表面硬化鋼を使用し厚さは25mmである。側面は25mmから20mm、後面20mm、上面10mm、底面8mm、防盾50㎜[10]。25mmという厚みは、口径37mm程度の軽便な火砲の近距離からの射撃に耐えるものとするため、九四式三十七粍砲を使用した試験を経て決定されたものであり、この際には150mの距離からの射撃にも耐えて合格とされた。しかし本車の採用後、中国軍から鹵獲した37mm対戦車砲を使用した射撃試験の際には射程300mで貫通されている。


本車の組み立ては、砲塔と車体がリベット留め、車体底板と側板に溶接が用いられた。車体形状を構築するフレームにリベットで装甲を接合した車体は被弾時に鋲がちぎれて飛び、乗員を殺傷することが問題視されていた。そのため、九七式の後継である一式中戦車 チヘでは溶接構造に変更している。


1945年(昭和20年)7月に発行されたアメリカ軍の情報報告書には、鹵獲・調査された新砲塔チハに対する保有各種火器による射撃試験結果が掲載されている[11]。 それによると、口径12.7mmのM2 重機関銃では近距離である射距離100yd(約91.4m)において、あらゆる装甲箇所を貫通させる事は出来ず、射距離50yd(約45.7m)においては、一番装甲の薄い箇所である車体側面下部で35%が貫通したとしている。また新砲塔チハ正面部分の装甲は、射距離35yd(約32m)からでは車体機関銃ボールマウント部分以外は貫通しなかったとしている。この報告書では結論として、新砲塔チハに対してはM2 重機関銃では射距離50yd(約45.7m)以内での射撃が有効であるとしている。よって、九七式中戦車(57mm砲搭載型も新砲塔チハと砲塔以外の装甲厚は変わらない)に対しては、当時の日本軍の交戦国が使用していた軍用小銃弾[12]の威力では、最も薄い装甲箇所であっても貫通する可能性は低かった。



本文内容于 2012/4/3 9:56:11 被挂掉的章鱼保罗编辑

日苏在诺门罕之战不知你知不知道,战争完全是一边倒的趋势,日本鬼子甚至用上细菌战,日本鬼子直到战争结束都没报告确切的伤亡人数,而据后来很多日本鬼子的军官都不远提起这场战役就可窥见一斑。还有,苏联红军在东北整日本鬼子关东军的时候,据说斯大林送去西伯利亚干苦力的就又30万人,而关东军是日本鬼子装备最好的,充分说明日本鬼子的机械化部队和苏联不在一个档次。那再来讲库尔斯克战役,苏军190万人,德军90万人,苏军坦克5100辆,德军坦克2900辆,各类火炮苏军25000门,德军9900门,这场战役虽然是以德军完败而收场,但德军还发动了几次反击战,没有像日本鬼子在东北那样完全成了土拨鼠只有挨打的份。就算是一路败到了柏林也让让苏联红军付出了将近30万的人伤亡。而在欧洲战场上,亚洲战场的武器只能去打一战,这么强的火力下,你没有相当或稍弱的火力基本没有反手的力。就像晚清八国联军进攻中国,八旗军死亡2000人而对手只伤亡6人,其中两人还是误伤。这就是火力不相当的情况一边倒的战争趋势,根据这些分析,日本人的东西能比德国人的好,我真不信。但德国国内奸商也是害人的,在法国战场上,37MM的反坦克炮打盟军坦克只能打个坑,打穿唯一辆坦克是从底部打进去的,该这老兄倒霉,当时希特勒的党卫军以为前线是形势一片大好来历练的,没想到遇到了盟军坦克的反冲锋,刚好一辆坦克上一个坎前面还是悬空没落地,这党卫军一紧张就搂火了,歪打正着。就因为德军反坦克炮不行,盟军差点就不用撤退了,还是埃里希.冯.曼施坦因将军把高射炮改成了平射炮用来打坦克,把盟军给弄懵了,结果盟军坦克手还以为是德军弄来了更厉害的反坦克炮,就停下来观望,这就直接给德军的高射炮提供坐标,如果坦克在运动中的话高射炮就不会那么准了。我看了一点点二战的书籍,总结来讲日本鬼子的那点东西对付中国还是可以的,但对付美国人和德国人还是差点。

更多精彩内容

热门图集