扫码订阅

時事通信 3月16日(水)22時11分配信

「最悪の事態になったときは東日本がつぶれることも想定しなければならない」。菅直人首相は16日夜、東京電力福島第1原発の事故をめぐり、首相官邸で会った笹森清内閣特別顧問にこう語った。放射性物質の飛散により、広大な地域でさまざまな影響が出かねないとの危機意識を示したとみられる。

笹森氏によると、首相は「僕はものすごく原子力に詳しいんだ」と専門家を自任。東電の対応について「そういうこと(最悪の事態)に対する危機感が非常に薄い」と批判し、「この問題に詳しいので、余計に危機感を持って対応してほしいということで(15日早朝に)東電に乗り込んだ」と続けた。

“必须考虑最坏的情况下,东日本会全部完蛋”。菅直人首相16日晚,在首相官邸会见笹森清内阁特别顾问谈论东京电力福岛第1核电站事故时这样说到。表现出他对放射性物质扩散会对可能会对广大的地区造成影响的担忧。

据笹森说,首相以专家自居,并称“我对核能非常非常的了解”。他批评东电的对应“对于这样的情况(最坏的情况)的危机感非常小”,“正因为我对这个问题很了解,我希望他们能带有危机感来处理,所以才(在15日早晨)去了东电”。

本文内容于 2011/3/17 10:56:09 被小编a5编辑

发表评论
发表评论

网友评论仅供其表达个人看法,并不表明铁血立场。

全部评论
加载更多评论
更多精彩内容
+加载更多
热门推荐