扫码订阅

日本报纸“朝日新闻”对丝带的报道

日本报纸“朝日新闻”对丝带的报道

翻译:

峰村金城武北京:中国军队研制的雷达难以侦测的最先进下一代隐形战斗机“歼20”的原型已经完成。报道已经得到加拿大的私营军事智库的代表平可夫工厂的证实,和中国军方官员也对朝日新闻承认此事。首次试飞将在这个月的某个时候,据军方官员称,计划在2017年年初部署作战。

中国军事扩张已经走向公海,走上建设第一个自制航空母舰,在空中力量的现代化建设也突飞猛进的支持。在日本,美国军方的最新隐形战斗机已部署在日本,自卫队的希望终止引进发展迟缓的F22战斗机,而是可以引进下一个可能的候选F35战斗机。中国军队调动,可能会影响到东亚的军事平衡。

平良说,“歼20“是国内发动机,有高机动性。 但F22还是有优势的。关岛美国能够飞加油。虽然雷达和隐身性能,由于巡航速度达到F22的水平,预计要再过10- 15年。

平良还说,据美国表示,中国军队已经有能和400架F16战斗机对抗的能力。 这个已经超过空军自卫队,并迅速赶上美国在太平洋空中力量的优势。

原文:

[北京=峯村健司]中国軍が、レーダーに探知されにくい最新鋭の次世代ステルス戦闘機「殲(せん)20」の試作機を完成させた。カナダの民間軍事シンクタンク代表で、中国系カナダ人の平可夫氏が工場関係者から確認、中国軍関係者も朝日新聞に認めた。軍関係者によると今月中にも試験飛行を始め、早ければ2017年にも実戦配備する計画だ。

中国軍は初の国産空母建造に乗り出すなど外洋進出に力を入れているが、空軍力でも急速に近代化を進めていることが裏付けられた。一方、日本では自衛隊が導入を目指した米軍の最新鋭ステルス戦闘機F22が生産中止になり、次の有力候補のF35も開発の遅れで導入のめどは立っていない。中国軍の動きは、東アジアの軍事バランスに影響を与える可能性がある。

平氏によると「殲20」は国産エンジンで、高い機動性がある。F22より大きく大型ミサイルを搭載可能。空中給油で米領グアムまで飛行できるという。一方でレーダーやステルスの性能、巡航速度がF22の水準になるにはさらに10~15年かかるとみられる。

だが平氏は、中国軍が米のF16に匹敵する戦闘機をすでに約400機保有していると指摘。「すでに空軍力で自衛隊を上回り、米国を猛追している。太平洋地域で米軍が空軍力の優位を失うのも時間の問題」と話した。

Ps.

外文文章翻译可以加原创,是吗?

本文内容为我个人原创作品,申请原创加分

发表评论
发表评论

网友评论仅供其表达个人看法,并不表明铁血立场。

全部评论
加载更多评论
更多精彩内容
热门推荐