9月29日中国渔政201和203双雄巡视钓鱼岛

9月29日中国渔政201和203双雄巡视钓鱼岛

独家:9.29中国渔政双船钓鱼岛大战鬼子巡视船录像


中国渔政201和203双雄钓鱼岛大战日本海上保安厅巡视船


在日方拍摄的录像中“中国渔政203”几个汉字清晰可见


29日下午3点左右,中国渔政201和203双雄钓鱼岛大战日本海上保安厅巡视船,日本海上保安厅巡逻艇紧张与双雄并行20分钟。


在录像中中国渔政船舶中心的大天线,连下看起来像一个雷达圆顶东西和船尾,黑色橡皮艇。

(09/29 19:24)


附鬼子报道:

尖閣諸島海域で中国漁業監視船と海保巡視艇が並走 監視船側面に「中国漁政203」の文字


29日午後3時ごろ、魚釣島付近でFNNのカメラが中国漁業監視船をとらえた。

並走するのは、海上保安庁の巡視船で、20分近く、この緊張状態が続いた。

この漁業監視船の横には、「中国漁政203」と書かれていて、これは仙谷官房長官が会見で明かした船。

目につくのは、船の中央部にある大きなアンテナと、さらにその下には、レーダードームのようなものが見える。

そして船尾には、黒いゴムボート。さらに不気味なのは、黒いカバーがついたものが甲板にいくつか置かれている。

東海大学海洋学部の山田吉彦教授は「(ゴムボートは)上陸が必要なときに使います。通常はですね、小回りが利かないので、個別の漁船、小さい漁船に対する監視や指導をするときに、小型ボートを使っています」と話した。

監視船は、どのような状況を想定しているのか。

さらに、山田教授は「監視業務にあたるもので、中型クラスですね。放水銃程度の仕様になっています」と話した。

黒いカバーの下には、放水銃が隠れている可能性もあるという。

尖閣諸島周辺は、緊張状態が続いている。

(09/29 19:24 沖縄テレビ)

9月29日中国渔政201和203双雄巡视钓鱼岛

9月29日中国渔政201和203双雄巡视钓鱼岛

9月29日中国渔政201和203双雄巡视钓鱼岛

9月29日中国渔政201和203双雄巡视钓鱼岛

9月29日中国渔政201和203双雄巡视钓鱼岛

9月29日中国渔政201和203双雄巡视钓鱼岛

9月29日中国渔政201和203双雄巡视钓鱼岛

9月29日中国渔政201和203双雄巡视钓鱼岛

9月29日中国渔政201和203双雄巡视钓鱼岛

9月29日中国渔政201和203双雄巡视钓鱼岛


猜你感兴趣

更多 >>

评论

评 论

更多精彩内容

热门图集