扫码订阅


日本人看:为什么中国古时的自然科学发展不起来?



1 :世界@名无史さん:2014/01/12(日) 22:11:36.94 P

彼らは科挙を1400年もしてたのに

物理法则を発见することができなかったジョセフ?ニーダムがいうように「経験则の集积」でしか、中国はなかった龙腾网 http://www.ltaaa.com なにが原因なのだろう。

明明他们已经有实行了1400年的科举制度,却不能发现一些物理法则,就像李约瑟说的,中国只有“经验法则的累积”,就究竟造成这样的原因是什么呢。

(注:李约瑟是英国近代生物化学家和科学技术史专家,其所著《中国的科学与文明》对现代中西文化交流影响深远。他关于中国科技停滞的李约瑟难题也引起各界关注和讨论。)

2 :世界@名无史さん:2014/01/13(月) 03:04:00.06 O

そういや、ルネサンス期のイタリアの进歩の原因は何?

说起来,文艺复兴时期的意大利进步的原因又是什么?

3 :世界@名无史さん:2014/01/13(月) 04:01:50.23 0

天动说と地动说&魔女裁判&ペスト&反ユダヤ&十字军

天动说和地动说&魔女裁判&黑死病&反犹太&十字军

4 :世界@名无史さん:2014/01/13(月) 14:02:13.90 O

>>2 贸易に适した地形+ローマからあまり衰退してなかった

>>2适合贸易的地形加上罗马的大幅衰退

[hr]

5 :世界@名无史さん:2014/01/13(月) 18:48:18.96 0

>>2 ルネサンス文芸复兴、これがイタリア进歩の原因

>>2文艺复兴本身就是意大利进步的原因

6 :世界@名无史さん:2014/01/15(水) 01:41:25.49 0

ルネサンスが起きたから、イタリアが発展したのか発展したからルネサンスが起こったのか鶏が先か卵が先か论みだいだな

究竟是文艺复兴了,意大利才发展起来,还是已经发展起来了,才有意大利呢

这还真是个先有蛋还是先有鸡的问题呢

[hr]

7 :世界@名无史さん:2014/01/15(水) 17:21:03.91 0

探究心の差直角に近い雪山を、うひょーこれを滑りきったら英雄だぜ、と思うのが白人 そんな马鹿なことの挑戦しようと思わないのが黄色人种阳気に踊ってるのが黒人

因为探究心的差别

在近乎直角的雪山上,敢“呜呼”地滑下来的就是英雄,白人是这样认为的;认为这是傻缺合集素材不会想去挑战的就是黄种人;在那里欢天喜地跳着舞的只有黑人了

[hr]

8 :世界@名无史さん:2014/01/15(水) 18:17:42.98 0

だって、最初にやった人の功绩を忘れないで褒め称えるのが白人。何らかの利益をもたらすならさっさとパクるのが东洋人。だからなあ。

因为,不会忘记最初发现的人且一直表扬着的是白人。为了得到某些利益而去尽快去偷取过来的是亚洲人,所以才会出现这样的状况。

9 :世界@名无史さん:2014/01/15(水) 21:51:21.58 P

>>7今もそうなのかな?なんでそういう特性の违いがでてくるのかな?环境?

>>7 现在也还是这样?为什么会有这样不同的特性?因为环境?

[hr]

10 :世界@名无史さん:2014/01/16(木) 00:12:24.35 0

>>9たとえば、アメリカでは新しいことを始めるというのは、いい意味。ところが、中国では新しいことを始めるというのは、悪い意味だった。察するに、やっぱり中华文化圏というのは坊ちゃん嬢ちゃん文化圏なんだろうな。夥しい贫民が赤贫垢を洗うような生活をしていても、心はどこか中华大文化圏の坊ちゃん嬢ちゃん。中华大文化圏のプライドを持っていたんじゃないかな。贫しいプライドだけどね。现在の地位を舍てられなかったんだろう。

>>9举个例子,一件新兴的事物在美国发生,他们认为这是件好事,但是,一件新兴的事物在中国发生的话,他们会认为是坏事。据我推测,果然是因为大中华文化圈是所谓的大少爷大xiao姐文化圈。那些贫民即使过着赤贫如洗的生活,心里也还觉得自己是大中华文化圈里的大少爷和大xiao姐。就是因为保持这个大中华文化圈的优越感吧,虽然是个不值钱的优越感。不得不舍弃现在的地位了啊。

[hr]

11 :世界@名无史さん:2014/01/16(木) 16:31:17.70 0

>中国では新しいことを始めるというのは、悪い意味だった。 それは儒教がそういう教义だったから

>一件新兴的事物在中国发生的话,他们会认为是坏事。

那是因为儒教的教义就是这样规定的

12 :世界@名无史さん:2014/01/16(木) 21:09:17.36 0

>>2それは简単。ビザンツが灭んだから。その御荫で彼らは东方から来た「火薬兵器」と「罗针盘」を研究しなくては ならなくなったの。この成果として重工业と「関数(大炮の轨道计算)」と「长い航海に耐える交易船」が発明される。俺は个人的に欧州の近代化とは神との闘いじゃなくて、东方から来た最新科学兵器の「大炮との(知的な)闘い」がその始まりだったと思ってる。「2000年前のギリシャ思想の复古」なんてユダヤ人の「2000年前の神の预言によって土地を得ようとする根拠」みたいに大嘘。でも 白人至上主义のパンパンアジア人は信じないだろうけど。

>>2

这问题简单。因为东罗马的灭亡啊。如果不是托这福,他们也不能研究传自东方的“火药兵器”和“指南针”。而研究结果作为基石从而建立重工业和发明“函数(大炮的轨道计算)”和“能长距离航行的商船”。我个人认为欧洲的近代化不是与神的斗争,而是和来自东方的最新科学兵器的"大炮(智力)"的斗争,而一切也就从此开始的。

是因为“2000年前的希腊思想的复兴”这样的理由,简直就像犹太人说的“因为2000年前的神的预言而获得土地的所有权”一样的无稽。虽然,那些白人至上主义的biao子亚洲人是不会相信我说的。

13 :世界@名无史さん:2014/01/16(木) 21:12:17.58 0

>>11これは典型的な误解。 白人様のエマニュエル?トッドでさえ中国での儒教と法家の区别ができているというのに。儒家には「温故知新」と「后学恐るべし(年长が伟いという わけではない)」に加え「民の穷乏は为政者の责任である」という思想。つまり、现代で言うと欧米がもっとも儒教的な国家である。逆に「お伟いさん以外はすべてゴミ」とか「师匠に従え。新しい発想は支配を揺るがす悪」とかんがえるのは法家(の极端な)の支配。

>>11 你这是典型的误解。就算是白人大爷的埃马纽埃尔?托德也说过中国能很好地区分开儒家和法家。儒家有着“温故而知新”和“后生可畏(年长者并不一定就伟大)”以及“民之穷乏乃为政者之责也”这样的思想。也就是说,现代欧美推崇的根本就是儒家所追求的国家。反之,“伟人以外都是垃圾”和“尊师重道,新的想法是会动摇支配的恶”这样的是法家的(极端的)控制。

(译注:有些我不知道原句出处,如“民之穷乏乃为政者之责也”,可能表达方式有误,求指正 ps:埃马纽埃尔?托德,法国著名社会学家,有两部著名的作品,即1976年出版的《最后的墙》和2002年出版的《帝国之后》,在前一本书中他准确地预言了苏联的解体,在《帝国之后》中,他又准确预测了美国将发生金融危机)

[hr]

14 :世界@名无史さん:2014/01/16(木) 21:16:55.27 0

ただし法家の祖である韩非子はその著作を読んでみればわかるが、こんな愚かな「全体主义」や「官僚机构の肥大」から全く反対の立场であったことが分かる。ぎゃくに彼が见出した「能力の実证主义(テスト?学歴)」や「持论の证明を求める态度」は现代科学や现代の社会的机构に必要不可欠のものとなってることに注意が必要だ。むしろこの「法家统治」の悪しき独裁へ至る道?変质を追えばここ数百年来の支那の「科学や人の创意工夫を无视する态度」が见えてくるはずだと思う。どうだろう?

但你要是读过法家之祖韩非子的著作的话就会明白,他对于那些愚蠢的“集体主义”和“官僚机构臃肿”是站在全力反对的立场上的。而且要注意到他认可的“能力的实证主义(考试?学历)”和“追求证明自己的主张的态度”是现代科学和现代社会的机构必不可少的一部分这一点。当然,“法家统治”变成追求恶劣独裁的极端也能从这几百年来中国的“无视科学和人的创意窍门的态度”中可见一斑。但谁知道这是不是真相呢?

[hr]

15 :世界@名无史さん:2014/01/16(木) 21:22:32.21 0

>>10アメリカやイギリスの阶级社会?隔离社会を知らないの?発明家や文化人なんてあくまで「下郎」であって、上流阶级とは基本的に同じ席に立つことさえできないのに。もし、かの地域で「新しいこと」を始めた人に「それ相応の権限?报酬」が与えられたのなら、あんなに异常な権力循环の低さはありえないはずであり、そんなヘンテコな英米観(アングロサクソンの隔离主义)を知らないのはもはや现代人としてありえないほどの民族音痴なのではないだろうか。

>>10

你不知道美国和意大利有阶级社会?隔离社会的吗?发明家和文学家之类的再怎么说也只是“身分低贱的人”,基本上连和上流阶级坐一起的资格都没有。如果,真的像你所说的,这些地域里发展“新事物”的人会给与“相应的权限或者报酬”的话,就不应该会出现那样异常的权力循环度很低的社会。连这样奇怪的英美世界观(盎格鲁撒克逊人的隔离主义)都不知道的,作为现代人来说简直就是民族白痴不是吗?

16 :世界@名无史さん:2014/01/16(木) 21:28:42.78 0

英帝国の功臣「我が王は私をまるで马车马のように扱ってくれました」

英国の喜剧王「アッパー阶级は私の芸に表情を変えないことがその身分の证しとしているように见える」

英国の言语学者「英语には二种类ある。ドレイが话す英语と贵族が话す英语と」

英帝国的功臣:“王对待我简直就像是马车的马一样的等级”

英国的喜剧王:“贵族阶层认为能做到看我的表演表情还会不变的就是其身份的证明”

英国的语言学家:“英语有两种。奴隶说的英语和贵族说的英语”

[hr]

17 :世界@名无史さん:2014/01/16(木) 21:35:13.56 0

>>15そうだよ。欧州人のほうがハングリー精神が旺盛なんだろうね。だから、新しいことをするはいい意味なんだ。中国人のほうはどんなに贫しくても、どこか坊ちゃん嬢ちゃん文化なのかも。どんなに虐げられても、新しいことをするは悪いことなんだ。

>>15

说得好。由于欧洲人的追求精神比较旺盛,所以有新的事物发展会认为是好事。中国人的话即使再贫困也好,也还会为自己是天朝上国的人民而自豪。所以不管被怎样残酷对待,也会认为新事物是坏的

[hr]

18 :世界@名无史さん:2014/01/16(木) 21:57:03.22 0

西欧は神を杀したが中国は天を覆さなかった。

因为西欧灭神话而中国还没有翻天

[hr]

19 :世界@名无史さん:2014/01/16(木) 22:44:26.24 0

>>17はあ?意味がわからん

>>18神を杀したのなら、彼らは共产主义国家になるか、かつての支那のように権力の循环が早くてより権威が大きな动きを示していたはず。欧州で「乞食」が王侯贵族に成ったことなんてあったかね?

>>17 哈?你再说什么鸟话?

>>18 灭掉神之后,他们就成为共产国家了。就像过去的中国那样不断权力循环本来的权威很快就会被替代掉,欧洲会有王公贵族像这样成为“乞丐”吗?

20 :世界@名无史さん:2014/01/16(木) 23:09:47.33 0

近代西欧は神の杀害で始まったが、同时期の清では依然として天を祀っていた。

近代西欧已经开始灭神,同时期的清还在祭天

30 :世界@名无史さん:2014/01/17(金) 13:11:48.34 0

>>19

欧州では、王権神授说? 绝対王政? 立宪君主 とどんどん形态を変えている。共产主义化しなくても中国のように过激にならなくても神をうまく排除することはできている。 かたや中国は>>18のいうように、天を覆すことはできなかった。よく言われるのは抵抗もできないほど民众が榨取され疲弊していたということだが、やっぱり中国人である自负やプライド、それは无知からでたのかもしれないが、祸していたのではないかと思う。今でもあるだろう?爱国无罪ってさ。

>>19

欧洲是王权神授说⇒ 绝对王权⇒ 立宪君主这样渐渐改变,即使不共产主义化也不用像中国那样过激,还能很好的将神权排除出去。果然中国人的自负和自尊是由于无知才产生的吧,他们认为这不是坏事。现在也是这样吧,爱国无罪呢。

[hr]

31 :世界@名无史さん:2014/01/17(金) 14:57:48.60 0

>>14

下克上を避けるための科挙による极端な中央集権体制を确立するために革新を軽视しすぎたのかな法家と儒教の悪いところを合わせたような制度だね清については狩猟民や游牧民の支配者层が科学の重要性を理解できてなかった

>>14

为了避免以下犯上而采用科举制,确立出极端的中央集权体制来作为革新,这也太傲慢了。简直就像是把法家和儒家的缺点结合在一起形成的制度。但对于清朝来说,作为狩猎和游牧民族的支配者阶层理解不了科学的重要性吧

[hr]

32 :世界@名无史さん:2014/01/17(金) 22:02:23.18 0

法家统治を目指したにしてはどうして法治国家にならなかったのだろう?

明明遵循着法家统治的目标但为什么成为不了法治国家?

33 :世界@名无史さん:2014/01/19(日) 11:25:11.04 0

>>31下克上を避けるために「血の纯洁(白人か有色人种か)」を设定した白人の文化のほうがよほどくだらないものだよ。

>>32欧米は法治国家じゃないよ?民の好き嫌いの感情が法をも覆す「感情国家」だ。法治国家とはどちらかと言えば共产圏がそれに当たる。キミが思っているほど欧米は法が君临する社会じゃない。

>>31 为了避免以下犯上而设定“血统的纯洁性(白人或有色人种)”的白人文化更加无趣

>>32 欧美也不是法治国家哦,是会根据民众喜欢与否的感情来颠覆法律的“感情国家”。

要说哪个算得上法治国家的话,共产国家才是。欧美并不是你所想的法律是凌驾一切的社会

[hr]

34 :世界@名无史さん:2014/01/19(日) 11:32:50.57 0

ところで韩非が唱えた「守株待兎(しゅしゅたいと、とよむらしい)」は科学的态度じゃないかなあ。「一过性の现象にたより、恒常性を无视する」。どうだろう?

说起来韩非的寓言“守株待兔”不是有说明一种科学的态度吗?“迷信一过去现象,而无视恒长性”,是不是呢?

[hr]

37 :世界@名无史さん:2014/01/19(日) 13:31:37.75 0

韩非子を読めばいいだけだろ。失せろ

去读读韩非子的书不就好了,滚开啦

38 :世界@名无史さん:2014/01/20(月) 10:28:50.45 0

age

[hr]

39 :世界@名无史さん:2014/01/20(月) 11:52:40.60 0

>>31

革新をきらったというのは、「新しくする、新しいこと」が縁起悪い、悪いと思われている社会だから当然だと思う。それでぶっ壊して、また同じものをつくる、その缲り返し。头が変わるだけ

>>31

之所以讨厌革新,是因为“做新的事,出现新事物”代表凶兆,认为这是不好的。因为是社会性的行为或者事物所以理所当然。把这些全部破坏掉,然后再创造相同的东西,这样恶性循环。变的只有统治者而已。


发表评论
发表评论

网友评论仅供其表达个人看法,并不表明铁血立场。

全部评论
加载更多评论
更多精彩内容
+加载更多