亮剑匪夷所思的漏洞

龙城丿飞将灬 收藏 10 7954
近期热点 换一换

亮剑中的山本特工队先不说清一色的美式M3冲锋枪根本不可能装备日军,并且整队人全部使用这种有效射程200米的武器,在实战中中远距离上根本没有战斗力,是怎么做到那么所向披靡的呢。

铁血网提醒您:点击查看大图



铁血网提醒您:点击查看大图



铁血网提醒您:点击查看大图




本文内容于 2013/10/28 10:09:09 被小编a43编辑

7
回复主贴
聚焦 国际 历史 社会 军事 精选

热门评论

首先承认《亮剑》是一部不错的军事题材电视剧,可惜不小心沾染了一点中国电视剧的通病,就是在细节上不太注意。就说这鬼子特工队,武器的事情先不讨论,你说鬼子在屁股上、腿上绑那两根带子有什么用?更好笑的是,鬼子在行军时,那配音,居然是全体身上叮当乱响,就不怕由此而暴露目标吗?

他们是偷袭进行近距离暗杀的,要是想配备好,还需要极强,重机枪,炮,坦克,飞机。问题是能这么配吗?原来中国军队中基本会有手枪队,也是一样的。至于冲锋枪的问题,我不知道是不是漏洞,但是,这东西日本想要得到并不难,甚至可以比美国列装还会早。

10楼辰烬

8楼 千年潜水员
他们是偷袭进行近距离暗杀的,要是想配备好,还需要极强,重机枪,炮,坦克,飞机。问题是能这么配吗?原来中国军队中基本会有手枪队,也是一样的。至于冲锋枪的问题,我不知道是不是漏洞,但是,这东西日本想要得到并不难,甚至可以比美国列装还会早。
日军二战期间由于国情的影响,一直讲究一枪一弹和人弹战术,单兵上,士兵注重的事步枪的精确射击和拼刺能力,在集团作战上,日军讲究炮人战术,就是火炮覆盖,人冲,火炮衍生,人冲。然后在拒敌远处集中重机枪覆盖对方火力点,士兵精确射击地方士兵。因为资源匮乏,而装甲力量日本向来作为人掩护坦克前进,而不是西方的大规模装甲师团掩护步兵前进。这就是为何日军被西方戏称为用一战的战术打二战的原因。国力限制和武士道的盛行,日军军部根本就不重视一战中大放光彩的冲锋枪,觉得一枪一弹和高超的拼刺技术组成的战术完全够用了(对于亚洲落后的国家确实如此),所以一直没有大规模列装。直到太平洋战争爆发,日军吃够了美军各种自动半自动武器的苦,美国人根本就不给日本拼刺的机会,近身就是各种冲锋枪半自动步枪手枪齐发,日本很多军人没有办法,只能高喊着“天皇万岁”端着步枪冲到美军面前,想要和美军肉搏,但往往刺刀还没有捅出,就被打成马蜂窝,这就是著名的“万岁冲锋”。

战争后期,随着日本在太平洋驻屯军队打光了,日本才在中国东北的伪满洲国和本土加紧研制了粗制滥造、为数不多的百式冲锋枪,随着日本关东军调到太平洋战场去。

所以楼主说的日本比美国早列装冲锋枪,这完全是一厢情愿的想法了……大炮一响,黄金万两,冲锋枪这种高耗武器在日本人眼里完全是奢侈品,有武士道精神的日本人不愿意用,也不屑用……


剧情需要吧——因为喜欢《亮剑》,所以就不多说了。楼主说的M3有效射程200米是指击中目标后有效,那么短的瞄准基线又是腰际射击为主,能确保在100米以内击中目标都很困难。实际上拿一把M3在不抵肩射击的情况下,超过50米根本保证不了射击精度,超过100米那就需要步枪或机枪了。因此先不考虑M3是用错了道具(穿帮,当时M3尚未面世),山本特工队除了可以使用冲锋枪作为近战突击火力以外,还应该配备狙击步枪、机枪、自卫手枪,还有日军特色的掷弹筒,这才能保证火力的合理搭配。

应该说他们的设想就是小组配合,近距离偷袭作战不过他们和历史上的益子挺进队差太多了

益子挺进队全员化装成八路军,而后偷袭八路军总部,在其友邻部队未到位的情况下单独发动突袭,造成八路军总部大量伤亡

1942年(昭和17年)5月、第一軍は山西省南東部の山中に盤踞する中共八路軍の覆滅を狙い、大がかりな粛正作戦「晋冀豫辺区作戦」を発動した。これまで八路軍は、日本軍が攻撃を仕掛けてもこれを巧みに回避し、物資を隠匿して安全圏に移動して再起を図るなどして勢力を拡大してきた。正攻法では効果が薄いことを認識した第一軍では、各兵団に対して戦法に創意工夫を加え、敵首脳部を捕獲して一気に力をそぐことを要求した。そこで主力となる第三十六師団(雪兵団)では、八路軍になりすました日本軍の特殊部隊を敵地に潜入させる便衣作戦を立案した。

作戦では、編成した二個の便衣中隊を、主力の作戦開始前に密かに敵背後深くに潜入させ、敵首脳部の捕獲と指揮中枢の攪乱を狙うものだった。隷下の歩兵第二百二十三連隊と同二百二十四連隊でそれぞれ便衣中隊が編成され、前者では益子重雄中尉が率いる第三中隊に白羽の矢が立った。

益子重雄中尉は、陸軍士官学校を卒業し、満州事変にも参戦した職業軍人である。前年の中原会戦の際には宣撫官と二人で敵地に乗り込み、国府軍将兵三千余人を帰順ならしめたという剛胆かつ機略に富んだ人だった。危険かつ繊細な隠密作戦の適任者として上層部は期待をかけた。

八路軍の軍衣を身にまとった益子中隊長ら。

左から益子中隊長、第二小隊長の猪股准尉、第一小隊長の佐々木少尉。

ほかに将校としては第三小隊長の大和屋見習士官が作戦に参加している。

右の佐々木少尉と大和屋見習士官は、ニヶ月後の7月、南部太行作戦で戦死した。

益子挺進隊の編成は、益子中隊長を含む将校4名、下士官兵102名、雨宮憲兵曹長が率いる中国人の特務工作隊18名の総員124名。全員が八路軍の軍衣と装具を身につけ、重機関銃と無線を装備した。主力の作戦開始に先立つ三日前の5月21日、八路軍に扮した益子挺進隊は、夜陰にまぎれて遼県を出発した。

遼県を出発した益子挺進隊は、南南東十キロの地点で早くも敵最前線部隊の存在を確認、これを巧みに迂回して敵後方に潜入することに成功した。翌22日、少数の敵を排除して、一帯を見渡すことができる標高2100メートル高地を占領。この時点ですでに八路軍は日本軍の作戦を察知し、頻繁に駐地を変更していたため、益子挺進隊は逐次、無線により最新情報を受領して作戦遂行にあたった。

日没後に行動を再開した益子挺進隊は、その夜、敵首脳部があるとされる遼県南南東三十キロの位置にある五軍寺を急襲する。しかし一回目の攻撃は空振りに終わった。敵首脳部の姿はなかったのだ。

敵を求めて、益子挺進隊は北に進路を転じ、23日、遼県東南二十五キロの位置にあるサラシ山に進出した。ところが附近一帯には約二千の敵がおり、寡兵とみた敵は益子挺進隊を包囲、攻撃を仕掛けてきた。白昼、白兵戦を交えた激しい戦闘が終日にわたって続いたが、遂に夜陰に乗じて敵軍の一角を強襲突破した。

その後、東に転じ、八路軍が移動したとみられる郭家峪に前進、ここで優勢な敵に遭遇した。これこそ、益子挺進隊が求めていた八路軍首脳部であった。

中国側の発表によれば、このとき郭家峪にあったのは、第十八集団軍司令部、野戦政治部、後勤部、中共中央北方局、中央幹部学校、新華日報社などの主要機関で、中共軍副司令官の彭徳懐、参謀長の左権、政治部主任の羅瑞卿、後勤部長の楊立三といった幹部たちがいた。彼らは三派に別れて脱出を企図、彭徳懐と左権が率いる第一縦隊は、南側から北に向かって包囲を突破して逃れる作戦だった。ところが、そこはまさに益子挺進隊が待ちかまえていた正面だった。

24日朝から終日続いた戦闘で、彭徳懐は負傷し、殿をつとめた左権は戦死した。左権は「抗日戦争」において前線で死亡した最高位の中共幹部としてその名を歴史に残した。中共の公式戦史では、爆撃と砲撃を伴う激しい攻撃を受けたとしているが、実際に郭家峪を攻撃したのは益子挺進隊の百余名に過ぎない。攻撃を受けた八路軍は左権の遺体を収容することもままならず潰走した。

防衛庁の史料に残っている左権将軍の遺体とされる写真。

おそらく本邦で初めての公開と思われる。

先日公開されたばかりの防衛庁の史料「益子中尉ノ戦闘経過ノ概要」には、左権将軍の遺体とされる写真が添付されている。写真の遺体は黒変し、死後数日経過しているように見える。実は中国側によれば、益子挺進隊が移動した後に、左権の遺体は一度、最後を見届けた党学校の生徒三人の供述に基づいて八路軍に収容され、棺に収めて同地で埋葬されたという。しかし、その後に進出してきた日本軍が左権失踪の電報を入手、遺体を掘り起こして写真を撮影したという。この写真はその際に撮影されたものではないか。

郭家峪の戦闘の後、益子挺進隊は潰走する敵を追って、30日には遼県の東二十キロの天文村付近に進出、同地において敗敵を補足撃滅した。

十日間に及ぶこの作戦で、益子挺進隊は遺棄死体293、捕虜165の戦果を挙げた。驚くべきは、損害がわずかに軽傷者2名のみで、全員無事に帰還していることである。八路軍の戦闘力が土匪程度で、戦意も著しく低かったことを物語っている。

1942年(昭和17年)5月,日本第一军将消灭盘踞在山西省东南部山中的中共八路军作为目标,发动了大规模的肃清作战(晋冀豫边区作战)。此前,即使日军着手攻击,八路军也能够巧妙地回避、隐藏物资、转移到安全地带,图谋再起,通过这样的周旋,八路军势力壮大起来了。日军认识到如果正面作战则收效甚微,于是要求各兵团在战法上加以动脑筋、找窍门,捕获敌人首脑机关,一鼓作气铲除其势力。为此,成为主力的第36师团(雪兵团),让完全化妆成八路军的日军特种部队潜入敌占区,拟定了便衣作战计划。

作战计划为:让组编的两个便衣中队,在主力开始作战之前,秘密深入敌后,期望以捕获敌首脑机关和扰乱指挥中枢为目的。隶属于第36师团的步兵第223联队和224联队,分别组成便衣中队,前者的益子重雄中尉所率领的第3中队被选中。

益子重雄毕业于陆军士官学校,也是参加了满洲事变(9.18事变)的职业军人。在前一年的中原会战之时,他和宣抚官两个人进入敌占区,使国民政府军官兵3000余人归顺,他是一个勇敢且极富智谋的人。作为危险且细致的隐秘作战,上层对他寄予了希望。

益子挺身队的组成为:包括益子中队长在内的4名将校和102名下士官兵,另有雨宫宪兵曹长率领的18名中国人特工队,全队总人数为124人。全部人员身着八路军的军服和武装用具,配备了重机枪和无线电,装扮成八路军的益子挺身队,先于主力作战的前三天,即于5月21日混迹于夜色,离开了辽县。

从辽县出发的益子挺身队,早就确认了在辽县东南方10公里的地方,有敌人的最前线部队,他们在这里巧妙地迂回,成功地潜入了敌后方。第二天是22日,他们排除了少量的敌人,战领了能够将这一带一览无遗的、标高2100米的到地。此时,八路军已经察知了日军的作战意图,便频繁地变换驻地,为此,益子挺身队通过无线电逐次接受最新情报,实施作战。

为了寻求敌人,益子挺身队向北转进,23日到达了位于辽县东南25公里的“萨拉希”山,可是这一带约有2000多敌人,敌人包围了将少兵寡的益子挺身队,发起了攻击。白天夹杂着白刃战的激烈战斗持续了一整天,不过,夜间益子挺身队乘着夜色强行突破敌人的一角,其后,向东转进,向八路军可能转移的郭家峪前进,在这里遭遇到优势的敌人,这正是益子挺身队寻求的八路军首脑机关。

据中国方面的公布,这时处于郭家峪的有第18集团军司令部、野战政治部、后勤部、中共中央北方局、中央干部学校、新华日报社等主要机关,还有中共军副司令彭德怀、参谋长左权、政治部主任罗瑞卿、后勤部长杨立三等众多的干部。他们分成三部分企图突围,彭德怀和左权率领的第一纵队进行了由南向北突围的逃遁作战,可那里正是益子挺身队严阵以待的正面。

从24日早晨开始持续了一整天的战斗,彭德怀负伤、左权战死。在中共的正式战史里,说的是受到了伴有轰炸和炮击的猛烈攻击,可实际上攻击郭家峪的只不过是百余名益子挺身队而已。受到攻击的八路军连左权的遗体都来不及收容就溃逃了。

在前些日子刚刚公开的防卫厅的史料“益子中尉战斗经过之概要”里,添加了被认作为左权将军遗体的照片。相片中的遗体已经变黑,看上去好像已经死去了好几天。事实上,按照中国方面的说法,据说益子挺身队转移之后,根据亲眼看到左权最后时刻的中央党校的三个学生的口述,左权的遗体曾一度被八路军收敛,入棺就地掩埋。可是,后来来到这里的日军,收到左权失踪的电报,从而挖掘出左权的遗体拍了照片,这张照片是不是当时拍摄的呢?

郭家峪战斗之后,益子挺身队追击溃败的敌人,30日到达辽县东方20公里的天文村附近,在该地补充消灭了溃败的敌人。

在长达10天的作战中,益子挺身队取得了打死敌人293名,俘虏敌人165名的战果,应该让人惊讶的是,他们的损失仅仅有两人轻伤,全体人员平安无事地归还了。这表明了八路军的战斗力是土匪的水平,战斗意志明显低下。

中共称颂战死的左权将军,将辽县改称为左权县。

益子重雄中具有前一年在中原会战的功绩,再加上本次作战的功绩,受到了日本第一军司令官的个人感谢状,受到了金鵄勋章的嘉奖。之后,随着所属兵团的南方转战,离开了山西省,作为师团的幕僚,在西部的新几内亚的萨卢米迎来了战争的结束。复员后,他在乡里担任了町议员、町长之职,作为乡土的英雄,现在还健康地生活着。

上面是日本方面关于益子挺进队的记载

不过很多人对于左权之死有争议,认为左权是被飞机或者火炮打死的,而益子挺进队只不过发现了左权的遗体。

战斗中,左权将军的遗体是三名党校学生仓促下葬的,因此不够隐秘而为日军发掘并拍照炫耀战果,此后中方重新迁葬。双方的记载左权将军都是死于炮弹,而“益子挺身队”因为化妆奔袭,最重型的武器是机枪,他们的纪录,也表示“左权将军”死于其突袭。

核对双方纪录,这个说法倒不是纯粹的争功谎言,八路军方面,也记载这支日军化装成八路军和老百姓,绕过八路军欧致富团和七二九团的阻击线,在十字岭和南艾铺之间突然向八路军发起攻击,造成相当大的损失。不过,所谓的“左权将军”,肯定不是左权本人,因为左权此时已经在十字岭上,冲过了日军的两道封锁线,并在第三道封锁线处阵亡。

个人认为,这个“左权将军”,可能是朝鲜独立同盟主席金白渊,他也在此战中牺牲,朝鲜方面后来的回忆说他“突然遭到敌人特务的射击而死”。很可能是“益子挺身队”看到他使用短枪,并带有警卫员,因此认为是个重要人物。日军发现左权死于此役是根据截获八路军电报了解到的,所以金白渊被认为是左权也就不奇怪了。

我多方查找了一下,发现好像益子挺进队的头子——益子重雄似乎还活着

亮剑匪夷所思的漏洞



10条评论
点击加载更多

发表评论

更多精彩内容

热门话题

更多

经典聚焦

更多
发帖 向上 向下