扫码订阅

「菅直人政府が犯人だ!」日本の311大地震の津波が爆発するように核の災難に見舞われ、菅直人政府に対しては、災害危機応変が鈍く、傻样七日间におなりになっても、核の被害を統制することが難しいできなかったが、救護物資が、被災地に効率的に送られて、ただ富裕の現代国家民で、寒さを飢えや電気や水道、甚だしきに至っては被災者凍え死んでしまうレ?ミゼラブル中だ。首都?东京に直面してひどい目にあって気持ちを込めて、住民の堪忍袋の緒が切れ、昨夜(木)めったにに登场すると反政府デモが災後場の反政府デモに、約300人の学生と労働者大ののしる菅直人政府に対して、「犯人」を持って、辞任した。

東京の渋谷に本は繁華街だが、福島第一石、原子力発電所の爆発、日本を展開しなければならない第2次世界大戦以後、以来初めてのごとに時間?だった

菅直人政府是凶手!日本人愤怒游行 不满情绪升温

東京の住民の加藤良さんは、このと多くの友达はすべて絶え間ない政府、「バカだと信じる」とたぶんこの政権が発足して1年経験が不足したことによるものだ」と明らかにした。彼はまた、実は多くの东京の人はいずれも、菅直人政府の信頼を失ったことを受け、政府は福島第一電爆発災難の话しを変えて、もう一度被害が深刻に変え、懐疑の機関に隠した災難の実状を告発した。

デモの入りの东北大学の学生自治会委員园风弓、彼ら係長の予定だったが、今日で反戦デモが菅直人代表の政府は、実に嘆かわしい頂透と腹が立ってばかりいたため、臨時動員前の反政府デモが要求することは、責任を政府が負担することになる。彼は「このデモは暫定的に決定し、私たちの元の?だった

米ニューヨークタイムズ紙は、論評と言うのは、戦後にして以来、最も大きな災難のうち、日本がきいている。戦後以来最も强が必要なのは、最も決断する政府だったのに、逆説的で、現政権の無能、リーダーシップの不在空前の软弱方向が赤裸々に人前です。というのは、大地震が論評や津波と核危機の中で、三重の惨事では日本政府が国民を統合し、インスタント?制定応変方法やと官僚ゆっくりと協力して、しかしこれら指導技巧は、日本の指導者たちが最も不足の才能と、日本首相の医者たちは、绝えず汝走马灯のように交代出場が、結局、「リーダーシップの真空」だった。

東京の学習院大学政治学科教授佐々木たけしさんは「日本はそうではない」と厳しい試練もあった。しかし、同時にが率いる真空だった」と話した。政府

发表评论
发表评论

网友评论仅供其表达个人看法,并不表明铁血立场。

全部评论
加载更多评论
更多精彩内容
+加载更多
热门推荐