扫码订阅

フジタ3人が帰国…家族と面会後、記者会見

中国河北省石家荘市で軍事管理区域に立ち入ったなどとして中国当局に拘束され、30日に解放された中堅ゼネコン「フジタ」の日本人社員3人は1日午後1時過ぎ、上海から中国東方航空便で羽田空港に到着した。

3人は、フジタ国際事業部建設部次長、佐々木善郎さん(45)、営業本部営業統括第5部次長、橋本博貴さん(39)、現地法人社員、井口準一さん(59)。空港に大勢の報道陣が詰めかける中、3人は硬い表情のまま無言でロビーを通り、迎えの車に乗り込んだ。

フジタによると、3人は東京都渋谷区のフジタ本社に移動し、本社で家族と面会した後、夕方以降に記者会見に臨む予定。3人は同社の聞き取りに対し、「軍事管理区域とは気付かずに入ってしまった」と話しているという。

翻译:フジタ等三人释放回国,与家属见面后,召开记者招待会

在中国河北省石家庄市由于擅自进入了到军事管理区域等行为,被中国当局拘留,并于30日被释放的中坚总承包商「fujita」的日本人公司职员3人1日下午1点过后,从上海乘中国东方航空航班到达了羽田空港。

3人分别是:fujita国际事业部建设部次长、佐々木善郎先生(45), 营业本部营业统觉第5部类次长、桥本博贵先生(39), 当地法人公司职员,井口准一先生(59)。 众多的记者们簇拥在机场候机大厅中央,3人均面无表情的无言通过前厅,进入了迎接的车子。

根据fujita消息,3人目前正前往位于东京都涩谷区的fujita总部,在总社与家属会见之后,将于傍晚出席预定的记者招待会。据说3人对该公司的解释是:「一不留神进入了中方所谓军事管理区域」。

本文内容为我个人原创作品,申请原创加分

发表评论
发表评论

网友评论仅供其表达个人看法,并不表明铁血立场。

全部评论
加载更多评论
更多精彩内容