扫码订阅

近期在日本军事媒体刊出一则消息,中国人民解放軍の50年に「全装甲駆動型兵器」計画を現実になるか、あるいは幻想だったのだろうか!



王莹博士、世界で有名な概念の兵器専門家だ。国際発表学術論文など約50編で、著作に二つの(新エネルギー技術』と『新概念の兵器』);3部(姿の高出力パルス電源』、『電砲の原理』と『新概念の兵器の原理』)や、著作は約10カ国に流通している。パルス出力の技术と兵器を科学的結合を創業した新概念の兵器の理论の体系、世界兵器科学分野が先に「新概念の兵器」の学問だ。




中国の兵器工業集団公社(china northインド、cngc group corporation)だった。は陸・海・空、天を含め、各军兵种r & dと生产など先端兵器装備だ。





知るところによると、中国の兵器工業集団公社(cngc)の支援を「新概念の兵器研究所」所長王莹博士(共产党党员として、解放軍海エンジニアリング学院教授、新概念の兵器研究所長は、中国の国防科学技術大学の新概念の兵器校客員学委、カブス作家。中国で何回も核兵器の実験で、デザインや指導につくられた多様な大型兵器模擬テストの設備を持っている。)が主導する「装甲新概念の兵器」の項目が含まれている。





「装甲新概念の兵器」プロジェクトを3段階に分けてで、2025年末、テストコイル砲(coilgun)の装甲し、テストを撃たれた際、高性能爆発物质の爆発のようにshaped破壊などの通常兵器。changesは中国が兵器工業集団公社(cngc)研究開発電子レーザー・「速く尾行」机能;2025 ~ 2035年のに対しては、「自由电子レーザー・」装置で小型化し、さらにを指揮統制や目指し能力の実験と評価します;2035から2040年試演会「全装甲駆動型兵器」の调整可能に関係したことに対応していく」と脅迫した「自由の全ポニーを電子レーザー・システム」を開発し,数年以内にそのインストールから「全装甲駆動型兵器」だ。





中国の「装甲新概念の兵器」用のレーザーセンサー偵察が近づいた時の砲弾を装填し、砲(coilgun)を売っては,コイル甲、エネルギーと漆黒のようなふりをした高爆弾に当たった装甲まで遮断というものだった。このような形の発射の物であることはできないため、鉄、コイル砲のパルス磁场が加熱鉄じゃなくて、加速というものだった。王莹博士のリーダーシップの研究者らを実験した他の金属たとえばアルミだが、それは容易な溶けてがみたし、「全装甲駆動型兵器」にはあまりにも弱かった。王莹博士の一篇最近によって文章、钢装甲と铝线圏の実験の中から見つかった「襲来高爆弾の衝撃で開かれている弱体化を増幅させた」とアドバイスした。





分析家らの予測により、50年には中国を構築し、世界初の「全装甲駆動型兵器」の電砲機甲部隊、順調に回復し、日本にとってそれは空前の悪夢。








下面是机翻大神~~~~~~~



中国人民解放军的50年“全装甲驱动兵器”计划,从现实角度出发还是幻想吧!





王莹博士、世界著名的概念武器专家。国际发表学术论文等50多篇,著作有两个新能源技术’和‘新概念武器》)。3部(的高输出脉冲电源》、《电炮的原理’和‘新概念武器的原理》),著作可说是10多个国家流通。脉冲输出的技术和武器科学相结合的新概念武器的理论体系,在世界军火科学领域提出“新概念武器”的学科。





中国的武器工业集团公司(china north印度、cngc group corporation)。设有陆海空,以及各士兵种研发生产等尖端武器装备





据了解,中国的武器工业集团公司(cngc)支持“新概念的兵器研究所”所长王莹博士(共产党党员,解放军海工程学院教授、新概念武器研究中国的国防科技大学的新概念武器分校客座学委员会,小熊队的作家。中国多次核武器试验,设计及指导建成了多样的大型武器模拟试验设备。)主导的“装甲新概念武器”的项目。





“装甲新概念武器”项目分3个阶段,到2025年年末,考试线圈火箭炮(coilgun)的装甲,作为,高爆物质的爆炸一样shaped破坏等常规武器changes是由中国武器工业集团公司(cngc激光电子研究开发)的“快速跟踪”功能;25 ~ 2035年的问题表示:“这是自由电子激光装置”,并且小型化指挥控制与目标能力的实验和评价;从2035 2040年试演会“全装甲驱动兵器”可调的可应对”的“自由的另一辆车的电子激光武器系统”,并在几年内将其安装到“全装甲驱动兵器”。





中国的《装甲新概念武器”手段的激光传感器侦察来袭的炮弹之后,(coilgun)的股票在线圈甲、能源和一片假装打到高爆弹到它切断。这种方式的发射的东西,由于不能铁、线圈炮的持续时间磁场过热铁,而是加速。王莹博士的领导能力的研究人员们进行了一次试验的其他金属铝,但是,由于在融化的共识,“全装甲驱动型武器”来说太弱。王莹博士的一篇文章,根据最近铝线和装甲钢的实验中发现的“袭击高爆弹的冲击举行的弱化加深了。”




分析家们预测,到2050年,中国将建立世界最初的“全装甲驱动兵器”的电炮装甲部队,如果一切顺利,对日本来说,这是前所未有的噩梦。


发表评论
发表评论

网友评论仅供其表达个人看法,并不表明铁血立场。

全部评论
加载更多评论
更多精彩内容
+加载更多