日本军人是怎么构想台海战争的--原文翻译

172091012 收藏 1 130
导读:先是原文大家扫扫: 中台の軍事関係と日米台の対応 金田秀昭/元海将 海上自衛隊 護衛艦隊司令官    1.中国の対台湾軍事戦備 「電撃侵攻、状態維持」を指向した対台湾基本戦略 中国の台湾統一政策の基本は、「一つの中国」の原則下、将来的には「一国二制度」を導入する考えである。また、中国は、台湾に対し武力行使を行う場合の条件として、独立宣言、外国勢力の干渉、対話再開交渉無期限拒絶の3つを上げ、そういった場合には、直ちに軍事的に侵攻する意思と能力のあることを再三にわたり広言して

先是原文大家扫扫:



中台の軍事関係と日米台の対応


金田秀昭/元海将 海上自衛隊 護衛艦隊司令


1.中国の対台湾軍事戦備


「電撃侵攻、状態維持」を指向した対台湾基本戦略


中国の台湾統一政策の基本は、「一つの中国」の原則下、将来的には「一国二制度」を導入する考えである。また、中国は、台湾に対し武力行使を行う場合の条件として、独立宣言、外国勢力の干渉、対話再開交渉無期限拒絶の3つを上げ、そういった場合には、直ちに軍事的に侵攻する意思と能力のあることを再三にわたり広言している。


中国にとって台湾の軍事力は、中国の侵攻を妨害する兵力であって、その意味では真の脅威ではない。中国が先に手を出さない限り、台湾が先に手を出すことは有り得ないと分かっているからだ。中台軍事関係での中国の真の脅威は、中国の侵攻を妨害するのみならず、中国への逆侵攻も辞さないであろう米国の軍事力(核、非核)である。そういった視点からすれば、米国との同盟関係にある日本の防衛力は、中国にとっては、米国との共同により中国の侵攻を妨害する軍事力として位置付けられているのは間違いない。


一方中国政府は、人民解放軍が、実際には限定的な台湾侵攻能力しか現有していないことに気づいている筈であり、また、どのような侵攻態様――例えば政経中枢や軍事基地に限った弾道ミサイルのみによる台湾本島への攻撃――にせよ、一定期間、戦闘状態が継続する場合は、対抗兵力として、台湾軍のみならず、在日米軍基地などから来援する米軍兵力をも当然考慮しなければならないことも承知している筈である。


その上で、もし中国が軍事的に台湾に対する侵攻作戦に踏み切るとすれば、それは飽くまでも「国内統一」という政治目的の達成にある。中国の共産党政権にとっては、その存立基盤となっている、最も重要で、かつ絶対に達成されなければならない目標である。従って、直接の理由が何であれ、一旦台湾への武力行使に踏み切ったとしたら、目的達成の為には、どんな物理的犠牲も厭わないであろう。共産党一党独裁の非民主主義国家であればこそあり得る選択とも言える。


こういった観点から見れば、中国の対台湾軍事侵攻戦略の基本は、極力米軍の干渉を排除する形で、出来るだけ早期に政治目的に寄与し得るよう奇襲・電撃的に軍事目標を達成し、一定の既成事実を作った後は、その状態を維持、持久する方向に全努力を傾注する、という「電撃侵攻、状態持久」戦略になろう。


その後の展開においては、米軍に対しては、戦略的持久の態勢を維持しながら、可能な限り、正面切っての海、空作戦は避けつつ、台湾軍に対しては、緊急輸入戦力や非近代的戦力も動員しながら、消耗戦闘に注力し、台湾の政権や国民の継戦意欲を喪失する方向に国内外世論を仕向けていく、といった方策を採るであろう。


即ち、将来何れかの時点で、米軍との衝突は必至となることを覚悟し、米軍との戦いにおいては、対称戦では、海、空軍を中心とする近代戦闘能力での分の悪さを自覚しつつ、勝たないにしても、負けない、少なくとも壊滅的な打撃を受けない守勢的な態勢を維持し、一方、非対称戦では、米国や米軍のアキレス腱を狙って攻勢的に「超限戦」(限界の無い戦争手段)を挑み、最終的には、米国政府や国民に、中台問題関与へのインセンティブを失わせる方策を駆使するものと思われる。中国は、超限戦の一手段として、サイバー戦に全力を傾注する一方、状況により大量破壊兵器の使用についても躊躇わないと思われる。


こうしたことを裏付けるかのように、2000年10月には、「全軍科技練兵成果交流活動」が行われ、情報戦重視、攻撃主体の訓練が注目された。01年には、6月末から約2ヶ月間、「解放1号」という名の3軍統合上陸作戦演習が行われた。新華社インターネット版で、同演習の目的を「台湾の攻撃占領」と併せ、「空母打撃」と明示したことや、その他の訓練でも、空軍の戦闘機部隊による本格的な海上対抗演習や海軍爆撃機部隊による台湾本島奇襲攻撃を想定した超低空爆撃訓練が伝えられたことなどは、海峡部での制海、制空を重視した統合上陸作戦を強調することにより、台湾や米国を牽制する意向の表れとして注目された。


02年からは、新軍事訓練大綱や新軍事訓練条例が施行され、ハイテク条件下の局地戦に勝利することを目標として、科学技術を主導とした訓練や、全軍の統合作戦能力強化を図った訓練を行うこととしており、04年7月には、台湾海峡に面した東山島周辺で、制空権の確保に重点を置いた大規模な陸海空3軍と第2砲兵(戦略ミサイル部隊)の統合演習を行うと伝えられた。(政治的理由により中止された模様であり、これに連動するように台湾は計画していた「漢江20号」演習を中止した。)


我没什么太多时间 就大概翻翻了:

这个人是一个海上自卫队司令官!

文章题目的 意思 是 中国对台湾的基本战略是<闪电攻击 和维持状态>

中国统一台湾的基本政策是在<一个中国的原则下>在将来导入<一国两治>的原则.

中国对台行使武力的必须要在三个前提条件下进行

1 台湾宣布独立

2外国势力的干涉

3谈判无限期的延后

对中国来说台湾的军事是为了防止大陆的进攻,那就意味着不是真正的威胁.只要中国不先下手,台湾就不可能先下手(我觉得这是废话).后面的话就是一些攻击中国是所谓威胁的话然后再强调一下美日的 鸡吧大.

另一方面中国政府察觉到了一件事情:那就是中国人民解放军实际上只具备 特定的局限的对台湾的进攻能力.假如 针对政治经济中心和军事施舍 只局限于通过导弹 对台湾本土进行攻击的话,会导致在一定期间内战斗状态的持续.这点不光台军 从日美基地赶来的美军也一定考虑到这点

在这基础之上.如果中国全面的对台湾进行动武.作为共产党的政权那会被当作合法执政的筹码.最重要的是他们的目标是一定要赢取胜利,不能失败.因此为了达到这个目标共产党会不会怜惜任何物理性的代价 这也是作为集权国家的中共难以下决心的原因.


从这个观点可以看出:中国对台湾的战略基本上是:在极力排除美军的干涉的情况下,尽快在早期内为达成政治目标而进行军事上的闪电袭击和奇袭.一旦达到预期的目标将努力的维持之后的状态也就是所谓的<闪电攻击 维持现状>的战略


之后对于美军 一边维持战略上的持久态势并且竟可能的从正面完全的回避 海 空战的同时对台湾军快速施加压力 甚至动员非现代化部队战斗力 以人海战术进行消耗战.同时把国内外舆论引向<台湾政权和民众的继续战斗意志的丧失>.

0
回复主贴

相关文章

更多 >>
聚焦 国际 历史 社会 军事

猜你感兴趣

更多 >>
1条评论
点击加载更多

发表评论

更多精彩内容

热门话题

更多
广告 大型核武军事模拟 坦克 装甲 战机 航母
发帖 向上 向下
广告 关闭