日本海自潜艇也撞了-海自の潜水艦、エネ庁調査船が曳航中のケーブルを切断

全村俺最丑 收藏 5 133
导读:自の潜水艦、エネ庁調査船が曳航中のケーブルを切断 2009年6月18日1時43分 印刷 ソーシャルブックマーク  第2管区海上保安本部(宮城県塩釜市)に入った連絡によると、17日午後0時12分ごろ、青森県の尻屋崎沖東約28キロで、海上自衛隊横須賀基地所属の潜水艦「おやしお」(全長82メートル、2750トン)が、経済産業省資源エネルギー庁の調査船「資源」(同86.2メートル、1万395トン)が曳航(えいこう)中のケーブルに接触、10本のうち6本を切断した。負傷者などは出ていないという。

自の潜水艦、エネ庁調査船が曳航中のケーブルを切断

2009年6月18日1時43分

印刷

ソーシャルブックマーク

第2管区海上保安本部(宮城県塩釜市)に入った連絡によると、17日午後0時12分ごろ、青森県の尻屋崎沖東約28キロで、海上自衛隊横須賀基地所属の潜水艦「おやしお」(全長82メートル、2750トン)が、経済産業省資源エネルギー庁の調査船「資源」(同86.2メートル、1万395トン)が曳航(えいこう)中のケーブルに接触、10本のうち6本を切断した。負傷者などは出ていないという。


海自によると、おやしおは当時、潜望鏡を上げた状態で航行しており、「資源」については潜望鏡で認識していたが、ケーブルを認識していたかどうかは調査中という。


おやしおは今年1月10日夜、鹿児島県霧島市の福山港南西約5キロの錦江湾で性能試験をしていた際、漁船の第28亀丸(4.5トン)と接触事故を起こしている。


「資源」は音波で海底の地質を調べる船。ケーブルは音波の跳ね返りを受信する機器で、最長6キロ。4月30日に横浜港を出港し、三陸沖で石油や天然ガスなどの海底資源を探査していた。 ”


[]海自潜艇切断能源厅调查船拖曳电缆

据第二管区海上保安厅总部(宫城县塩釜市)的消息,17日下午12点12分左右,在青森县尻屋岬东海面28公里处,

海上自卫队横须贺基地所属潜艇"亲潮"号(全长82米,2750吨),与经济产业省资源能源厅"资源"号

(长86.2米,10395吨)拖曳中的电缆碰撞,10节中的6节被切断.事件中没人受伤.

海自"亲潮"艇长表示,当时潜望镜深度状态下已从潜望镜中识别出"资源"号,但并没注意到调查中的电缆.


亲潮号也曾在今年1月10日夜间,在鹿儿岛县雾岛市福山港西南面錦江湾进行5公斤(キロ,似乎系千克单位,不明)性能测试的时候,就曾与第28龟丸渔船发生碰撞事故.

"资源"号是研究海底声波的地质调查船,电缆设备负责声音信号的返回接收,最大接收距离为6公里.4月30日从横滨港起航,勘探三陆地区海底的石油和天然气资源.

2
回复主贴

相关推荐

更多 >>
聚焦 国际 历史 社会 军事 精选
5条评论
点击加载更多

发表评论

更多精彩内容

热门话题

更多

经典聚焦

更多
发帖 向上 向下