昭和戦中期の海軍大将

满洲正白旗副督统 收藏 0 375
导读:昭和戦中期の海軍大将


昭和戦中期の海軍大将




山本五十六 昭和15年11月15日 吉田 善吾 昭和15年11月15日 嶋田繁太郎 昭和15年11月15日

豊田貞次郎 昭和16年4月4日 豊田 副武 昭和16年9月18日 古賀 峯一 昭和17年5月1日

近藤 信竹 昭和18年4月29日 高須 四郎 昭和19年3月1日 野村 直邦 昭和19年3月1日

沢本 頼雄 昭和19年3月1日 遠藤 喜一 昭和19年5月3日 南雲 忠一 昭和19年7月8日

高木 武雄 昭和19年7月8日 山県 正郷 昭和20年3月17日 伊藤 整一 昭和20年4月7日

塚原二四三 昭和20年5月15日 井上 成美 昭和20年5月15日


海軍大将一覧表


明治時代の海軍大将 大正時代の海軍大将 昭和前期の海軍大将










山本 五十六

海兵32期 海大14期 新潟県出身 功一級

アメリカ駐在 明治17年4月4日生 旧名・高野五十六

実父・長岡藩士高野貞吉の六男 養子先・山本帯刀家

大正10年12月1日 海軍大学校教官

大正12年6月20日 軍令部出仕(欧米出張)

大正12年12月1日 海軍大佐昇進

大正13年6月10日 横須賀鎮守府附

大正13年9月1日 霞ヶ浦航空隊附

大正13年12月1日 霞ヶ浦航空隊副長兼教頭

大正14年12月1日 駐米武官

昭和2年11月15日 帰国

昭和3年3月15日 軍令部出仕

昭和3年8月20日 五十鈴艦長

昭和3年12月10日 赤城艦長

昭和4年10月8日 軍令部出仕

昭和4年11月8日 ロンドン会議随員

昭和4年11月30日 海軍少将昇進

昭和5年9月1日 航空本部出仕

昭和5年12月1日 航空本部技術部長

昭和8年10月3日 第1航空戦隊司令官

昭和9年6月1日 軍令部出仕

昭和9年9月7日 ロンドン会議予備交渉代表

昭和9年11月15日 海軍中将昇進

昭和10年12月2日 航空本部長

昭和11年12月1日 海軍次官

昭和13年4月25日 兼航空本部長

昭和13年11月15日 海軍次官

昭和14年8月30日 連合艦隊司令長官兼第一艦隊司令長官

昭和15年11月15日 海軍大将昇進

昭和16年8月11日 連合艦隊司令長官

昭和18年4月18日 59歳でブイン上空にて戦死(海軍甲事件)

元帥府に列せられ元帥海軍大将




吉田 善吾

海兵32期 海大13期 佐賀県出身 明治18年2月4日生

実父・農業峰与八の四男 養父・米穀商吉田祐次郎

大正12年4月1日 教育局局員

大正12年11月10日 教育局第二課長

大正12年12月1日 海軍大佐昇進

大正13年3月25日 平戸艦長

大正13年12月1日 舞鶴要港部参謀長

大正14年5月15日 軍務局第一課長

昭和2年12月1日 金剛艦長

昭和3年12月10日 陸奥艦長

昭和4年11月30日 海軍少将昇進

軍令部第二班長

昭和6年12月1日 連合艦隊参謀長兼第一艦隊参謀長

昭和8年9月15日 軍務局長

昭和9年11月15日 海軍中将昇進

昭和10年12月2日 軍令部出仕

昭和11年2月1日 練習艦隊司令官

昭和11年12月1日 第二艦隊司令長官

昭和12年12月1日 連合艦隊司令長官兼第一艦隊司令長官

昭和14年8月30日 海軍大臣

昭和15年9月5日 軍令部出仕

昭和15年11月15日 海軍大将昇進

軍事参議官

昭和17年11月10日 支那方面艦隊司令長官

昭和18年12月1日 軍事参議官

昭和18年12月14日 兼海軍大学校校長

昭和19年3月15日 軍事参議官

昭和19年5月3日 横須賀鎮守府司令長官

昭和19年8月2日 軍事参議官

昭和20年6月1日 予備役編入

昭和41年11月14日 81歳で死去




嶋田 繁太郎

海兵32期 海大13期 東京都出身 功二級 イタリア駐在

明治16年9月24日生 父・幕臣嶋田命周の長男

大正12年12月1日 海軍大佐昇進

海軍大学校教官

大正15年12月1日 第7潜水隊司令

昭和2年11月15日 軍令部出仕

昭和3年8月20日 多摩艦長

昭和3年12月10日 比叡艦長

昭和4年11月30日 海軍少将昇進

昭和4年12月1日 第二艦隊参謀長

昭和5年12月1日 連合艦隊参謀長兼第一艦隊参謀長

昭和6年12月1日 海軍潜水学校校長

昭和7年2月2日 第三艦隊参謀長

昭和7年6月28日 軍令部第三班長

昭和7年11月15日 軍令部第一班長

昭和8年10月1日 軍令部第一部長

昭和9年11月15日 海軍中将昇進

昭和10年2月21日 軍令部出仕

昭和10年12月2日 軍令部次長

昭和12年12月1日 第二艦隊司令長官

昭和13年11月15日 呉鎮守府司令長官

昭和15年5月1日 支那方面艦隊司令長官

昭和15年11月15日 海軍大将昇進

昭和16年9月10日 横須賀鎮守府司令長官

昭和16年10月18日 海軍大臣

昭和19年2月21日 兼軍令部総長

昭和19年7月17日 軍令部総長

昭和19年8月2日 軍事参議官

昭和20年1月20日 予備役編入

昭和51年6月7日 死去




豊田 貞次郎

海兵33期 海大17期優等 和歌山県出身 イギリス駐在

明治18年8月7日生 父・田辺藩士豊田信太郎の次男

大正12年11月30日 駐英武官

大正13年12月1日 海軍大佐昇進

大正15年12月1日 帰国

昭和2年4月26日 軍令部出仕(ジュネーブ会議随員)

昭和2年11月15日 阿武隈艦長

昭和3年12月10日 山城艦長

昭和4年11月12日 軍令部出仕(ロンドン会議随員)

昭和5年12月1日 海軍少将昇進

横須賀鎮守府参謀長

昭和6年11月2日 軍務局長

昭和7年11月15日 広島工廠長

昭和9年5月10日 艦政本部総務部長

昭和10年11月15日 海軍中将昇進

昭和11年2月15日 呉工廠長

昭和12年12月1日 佐世保鎮守府司令長官

昭和13年11月15日 航空本部長

昭和14年8月30日 兼艦政本部長

昭和14年10月21日 航空本部長

昭和15年9月6日 海軍次官

昭和16年4月4日 海軍大将昇進

予備役編入

商工大臣

昭和16年7月18日 外務大臣兼拓務大臣

昭和16年10月18日 辞職

昭和16年12月1日 日鉄社長

昭和20年4月7日 軍需大臣兼運輸通信大臣

昭和20年8月17日 辞職

昭和36年11月21日 死去




豊田 副武

海兵33期 海大15期優等 大分県出身 功二級 イギリス駐在

明治18年5月22日生 父・杵築藩士豊田晋の四男

大正14年12月1日 海軍大佐昇進

軍令部出仕兼海軍大学校教官

大正15年11月1日 由良艦長

昭和2年11月15日 第7潜水隊司令

昭和3年12月10日 教育局第一課長

昭和5年12月1日 日向艦長

昭和6年12月1日 海軍少将昇進

軍令部第二班長

昭和7年10月10日 兼軍令部第四班長

昭和8年2月23日 軍令部第二班長

昭和8年9月15日 連合艦隊参謀長兼第一艦隊参謀長

昭和10年3月15日 教育局長

昭和10年11月15日 海軍中将昇進

昭和10年12月2日 軍務局長

昭和12年10月10日 第四艦隊司令長官

昭和13年11月15日 第二艦隊司令長官

昭和14年10月21日 艦政本部長

昭和16年9月18日 海軍大将昇進

呉鎮守府司令長官

昭和17年11月10日 軍事参議官

昭和18年5月21日 横須賀鎮守府司令長官

昭和19年5月3日 連合艦隊司令長官

昭和20年4月25日 兼海軍総隊司令長官

昭和20年5月29日 軍令部総長

昭和20年10月15日 軍令部出仕

昭和20年11月30日 予備役編入

昭和32年9月22日 死去




古賀 峯一

海兵34期 海大15期 佐賀県出身 功一級 フランス駐在

明治18年4月25日生 父・古賀鉄六の長男

大正14年10月20日 連合艦隊首席参謀

大正15年12月1日 海軍大佐昇進

駐仏武官

昭和2年4月26日 ジュネーブ軍縮会議随員

昭和3年11月1日 帰国

昭和4年5月1日 海軍省首席副官

昭和5年12月1日 青葉艦長

昭和6年12月1日 伊勢艦長

昭和7年11月15日 軍令部第三班長

昭和7年12月1日 海軍少将昇進

昭和8年9月15日 軍令部第二班長

昭和8年10月1日 軍令部第二部長

昭和10年11月15日 第7戦隊司令官

昭和11年12月1日 海軍中将昇進

練習艦隊司令官

昭和12年12月1日 軍令部次長

昭和14年10月21日 第二艦隊司令長官

昭和16年9月1日 支那方面艦隊司令長官

昭和17年5月1日 海軍大将昇進

昭和17年11月10日 横須賀鎮守府司令長官

昭和18年5月21日 連合艦隊司令長官

昭和19年3月31日 ダバオ付近で飛行機事故により殉職(海軍乙事件)

元帥府に列せられ元帥海軍大将




近藤 信竹

海兵35期 海大17期 大阪府出身 功二級 ロシア・ドイツ駐在

明治19年9月25日生 父・近藤堅三の次男

大正15年12月1日 連合艦隊首席参謀

昭和2年12月1日 海軍大佐昇進

海軍大学校教官

昭和4年11月30日 加古艦長

昭和5年6月18日 軍令部作戦課長

昭和7年12月1日 金剛艦長

昭和8年11月15日 海軍少将昇進

海軍大学校教頭

昭和10年3月15日 連合艦隊参謀長兼第一艦隊参謀長

昭和10年12月2日 軍令部第一部長

昭和12年12月1日 海軍中将昇進

昭和13年12月15日 第五艦隊司令長官

昭和14年10月21日 軍令部次長

昭和16年9月1日 第二艦隊司令長官

昭和18年4月29日 海軍大将昇進

昭和18年8月9日 軍事参議官

昭和18年12月1日 支那方面艦隊司令長官

昭和20年5月15日 軍事参議官

昭和20年9月5日 予備役編入

昭和28年2月19日 66歳で死去




高須 四郎

海兵35期 海大17期 茨城県出身 功二級 イギリス駐在

明治17年10月27日生 父・農業高須作左衛門の四男

大正15年9月1日 海軍大学校教官

昭和3年12月10日 海軍大佐昇進

昭和4年11月27日 五十鈴艦長

昭和5年12月1日 駐英武官

昭和7年11月1日 帰国

昭和8年2月23日 軍令部出仕

昭和8年11月15日 第三艦隊参謀長

昭和9年11月15日 海軍少将昇進

軍令部第三部長

昭和11年12月1日 第1航空戦隊司令官

昭和12年12月1日 練習艦隊司令官

昭和13年8月1日 駐満海軍部司令官

昭和13年11月15日 海軍中将昇進

海軍大学校校長

昭和14年9月29日 第五艦隊司令長官

昭和14年11月15日 第二遣支艦隊司令長官

昭和15年11月15日 第四艦隊司令長官

昭和16年8月11日 第一艦隊司令長官

昭和17年7月14日 軍令部出仕

昭和17年9月15日 南西方面艦隊司令長官兼第二南遣艦隊司令長官

昭和18年4月15日 南西方面艦隊司令長官

昭和18年9月20日 兼第13航空艦隊司令長官

昭和19年3月1日 海軍大将昇進

昭和19年6月18日 軍事参議官

昭和19年9月2日 60歳で死去




野村 直邦

海兵35期 海大18期優等 鹿児島県出身 功三級 ドイツ駐在

明治18年5月15日生 父・農業野村才吉の次男

大正14年10月20日 艦政本部部員

昭和3年12月10日 海軍大佐昇進

長鯨艦長

昭和4年5月1日 駐独武官

昭和6年6月1日 帰国

昭和6年10月10日 羽黒艦長

昭和8年2月24日 加賀艦長

昭和8年11月15日 海軍潜水学校校長

昭和9年11月15日 海軍少将昇進

第2潜水戦隊司令官

昭和10年11月15日 連合艦隊参謀長兼第一艦隊参謀長

昭和11年12月1日 軍令部第三部長

昭和13年4月25日 上海在勤武官

昭和13年11月15日 海軍中将昇進

昭和14年3月10日 兼臨時特務部長

昭和14年11月15日 第三遣支艦隊司令長官

昭和15年9月30日 軍令部出仕(三国同盟軍事委員)

昭和18年8月9日 軍事参議官

昭和18年10月20日 呉鎮守府司令長官

昭和19年3月1日 海軍大将昇進

昭和19年7月17日 海軍大臣

昭和19年7月22日 軍事参議官

昭和19年8月2日 横須賀鎮守府司令長官

昭和19年9月15日 海上護衛司令長官

昭和20年5月1日 海運総監兼軍事参議官

昭和20年10月15日 予備役編入

昭和48年12月12日 死去




沢本 頼雄

海兵36期 海大17期 山口県出身 イギリス駐在

明治19年11月15日生 父・沢本浪平の三男

昭和2年11月30日 連合艦隊先任参謀

昭和3年12月10日 海軍大佐昇進

天龍艦長

昭和4年5月1日 軍令部出仕

昭和4年8月2日 軍務局第一課長

昭和7年11月1日 高雄艦長

昭和8年11月15日 日向艦長

昭和9年11月15日 海軍少将昇進

軍令部出仕

昭和10年3月15日 海軍大学校教頭

昭和10年11月15日 艦政本部出仕

昭和11年2月15日 艦政本部総務部長

昭和12年12月1日 第7戦隊司令官

昭和13年11月15日 海軍中将昇進

昭和13年12月15日 軍令部出仕

昭和14年4月1日 練習艦隊司令官

昭和14年12月23日 海軍大学校校長

昭和15年10月15日 第二遣支艦隊司令長官

昭和16年4月4日 海軍次官

昭和16年8月11日 兼航空本部長

昭和16年9月10日 海軍次官

昭和19年3月1日 海軍大将昇進

海軍次官事務取扱兼軍事参議官

昭和19年7月17日 呉鎮守府司令長官

昭和20年5月1日 軍事参議官

昭和20年9月5日 予備役編入

昭和40年6月29日 死去




遠藤 喜一

海兵39期 海大21期 東京都出身 功三級 ドイツ駐在

明治24年8月8日生 父・海軍少将遠藤喜太郎の長男

昭和6年6月1日 駐独武官

昭和6年12月1日 海軍大佐昇進

昭和9年6月1日 帰国

昭和9年8月15日 軍令部出仕

昭和9年11月1日 鬼怒艦長

昭和10年12月2日 侍従武官

昭和12年12月1日 海軍少将昇進

昭和13年12月24日 駐独武官

昭和15年9月2日 帰国

昭和15年12月2日 横須賀鎮守府参謀長

昭和16年10月15日 海軍中将昇進

昭和16年11月1日 総力戦研究所所長

昭和18年3月9日 第一遣支艦隊司令長官

昭和18年8月20日 軍令部出仕

昭和18年11月15日 第九艦隊司令長官

昭和19年5月3日 53歳で戦死

海軍大将昇進




南雲 忠一

海兵36期 海大18期 山形県出身 功一級

明治20年3月25日生 父・米沢藩士南雲周蔵の次男

昭和2年11月15日 海軍大学校教官

昭和4年11月30日 海軍大佐昇進

那珂艦長

昭和5年12月1日 第11駆逐隊司令

昭和6年10月10日 軍令部第二課長

昭和8年11月15日 高雄艦長

昭和9年11月15日 山城艦長

昭和10年11月15日 海軍少将昇進

第1水雷戦隊司令官

昭和11年12月1日 第8戦隊司令官

昭和12年11月15日 海軍水雷学校校長

昭和13年11月15日 第3戦隊司令官

昭和14年11月15日 海軍中将昇進

昭和15年11月1日 海軍大学校校長

昭和16年4月10日 第一航空艦隊司令長官

昭和17年7月14日 第三艦隊司令長官

昭和17年11月11日 佐世保鎮守府司令長官

昭和18年6月21日 呉鎮守府司令長官

昭和18年10月20日 第一艦隊司令長官

昭和19年3月4日 中部太平洋方面艦隊司令長官兼第14航空艦隊司令長官

昭和19年7月8日 サイパンで自決

海軍大将昇進




高木 武雄

海兵39期 海大23期 福島県出身 功二級

明治25年1月25日生 父・旅館業高木勝太郎の長男

昭和6年12月1日 海軍大学校教官

昭和7年12月1日 海軍大佐昇進

昭和8年11月15日 長良艦長

昭和9年11月15日 教育局第一課長

昭和11年12月1日 高雄艦長

昭和12年12月1日 陸奥艦長

昭和13年11月15日 海軍少将昇進

第二艦隊参謀長

昭和14年11月15日 軍令部第二部長

昭和16年9月5日 第5戦隊司令官

昭和17年5月1日 海軍中将昇進

昭和17年11月20日 馬公警備府長官

昭和18年6月21日 第六艦隊司令長官

昭和19年7月8日 サイパンで戦死

海軍大将昇進




山県 正郷

海兵39期 海大22期 山口県出身 功一級 イギリス駐在

明治24年2月15日生 父・山県佐兵衛の次男

昭和7年9月1日 航空本部部員

昭和7年12月1日 海軍大佐昇進

昭和8年4月1日 航空本部総務部第一課長

昭和9年11月15日 鳳翔艦長

昭和10年6月12日 横須賀鎮守府附

昭和10年10月31日 航空廠総務部長

昭和11年12月1日 海軍大学校教官

昭和11年12月7日 兼陸軍大学校教官

昭和13年7月15日 航空本部出仕

昭和13年11月15日 海軍少将昇進

昭和13年12月15日 第3連合航空隊司令官

昭和14年12月1日 航空本部総務部長

昭和17年4月1日 第26航空戦隊司令官

昭和17年5月1日 海軍中将昇進

昭和18年2月24日 軍令部出仕

昭和18年6月10日 高雄警備府長官

昭和18年11月30日 第四南遣艦隊司令長官

昭和20年3月7日 中国福建省で搭乗飛行機墜落により自決

昭和20年3月17日 海軍大将昇進




伊藤 整一

海兵39期 海大21期優等 福岡県出身 功一級 アメリカ駐在

明治23年7月26日生 父・農業伊藤梅太郎の長男

昭和4年11月30日 海軍兵学校生徒隊監事

昭和6年12月1日 海軍大佐昇進

鶴見特務艦長

昭和7年3月8日 満州特設海軍機関附

昭和8年11月15日 木曽艦長

昭和9年4月1日 人事局第一課長

昭和10年11月15日 最上艦長

昭和11年4月15日 愛宕艦長

昭和11年12月1日 榛名艦長

昭和12年11月15日 第二艦隊参謀長

昭和12年12月1日 海軍少将昇進

昭和13年11月15日 軍令部出仕

昭和13年12月15日 人事局長

昭和15年11月28日 第8戦隊司令官

昭和16年4月10日 連合艦隊参謀長兼第一艦隊参謀長

昭和16年8月11日 軍令部出仕

昭和16年9月1日 軍令部次長

昭和16年10月15日 海軍中将昇進

昭和16年10月18日 兼海軍大学校校長

昭和17年6月1日 軍令部次長

昭和19年3月15日 兼海軍大学校校長

昭和19年11月19日 軍令部出仕

昭和19年12月23日 第二艦隊司令長官

昭和20年4月7日 大和沖縄特攻で戦死

海軍大将昇進




塚原 二四三

海兵36期 海大18期 山梨県出身 功二級

明治20年4月3日生 父・塚原開太郎の五男

昭和4年11月30日 海軍大佐昇進

大井艦長

昭和5年12月1日 軍令部出仕

昭和6年12月9日 ジュネーブ軍縮会議随員

昭和7年11月28日 航空廠総務部長

昭和8年10月20日 赤城艦長

昭和9年11月1日 航空本部総務部長

昭和10年11月15日 海軍少将昇進

昭和12年12月1日 第2航空戦隊司令官

昭和12年12月15日 第2連合航空隊司令官

昭和13年12月15日 第1連合航空隊司令官

昭和14年10月19日 軍令部出仕(重傷)

昭和14年11月15日 海軍中将昇進

昭和15年4月15日 鎮海要港部司令官

昭和16年9月10日 第11航空艦隊司令長官

昭和17年10月5日 軍令部出仕(病気)

昭和17年12月1日 航空本部長

昭和19年3月1日 兼軍令部高級次長

昭和19年7月29日 航空本部長

昭和19年9月15日 横須賀鎮守府司令長官

昭和20年5月1日 軍事参議官

昭和20年5月15日 海軍大将昇進

昭和20年10月15日 予備役編入

昭和41年1月10日 死去




井上 成美

海兵37期 海大22期 宮城県出身 功三級 スイス駐在

明治22年12月19日生 父・幕臣井上嘉矩の八男

昭和2年11月1日 駐伊武官

昭和4年8月1日 帰国

昭和4年11月30日 海軍大佐昇進

昭和5年1月10日 海軍大学校教官

昭和7年11月1日 軍務局第一課長

昭和8年9月20日 軍令部出仕

昭和8年11月15日 比叡艦長

昭和10年8月1日 横須賀鎮守府附

昭和10年11月15日 海軍少将昇進

横須賀鎮守府参謀長

昭和11年11月16日 海軍省出仕

昭和12年10月20日 軍務局長

昭和14年10月23日 支那方面艦隊参謀長兼第三艦隊参謀長

昭和14年11月15日 海軍中将昇進

支那方面艦隊参謀長

昭和15年10月1日 航空本部長

昭和16年8月11日 第四艦隊司令長官

昭和17年10月26日 海軍兵学校校長

昭和19年8月5日 海軍次官

昭和19年11月4日 兼艦政本部長

昭和19年11月18日 海軍次官

昭和20年5月1日 兼航空本部長

昭和20年5月15日 海軍大将昇進

軍事参議官

昭和20年10月10日 待命

昭和20年10月15日 予備役編入

昭和50年12月15日 死去






--------------------------------------------------------------------------------



0
回复主贴
聚焦 国际 历史 社会 军事

猜你感兴趣

更多 >>
0条评论
点击加载更多

发表评论

更多精彩内容

经典聚焦

更多
发帖 向上 向下
广告 关闭